YouTube

YouTubeの利用規約が2019年12月10日より変更?内容を簡単に解説

こんにちは、YouTuberコンサルのしゅうです。

先日YouTubeから、利用規約を変更する旨の連絡がありました。おそらく皆さんの手元にもYouTubeからの連絡が来ているとは思いますが、「正直長くて、どんな変更があったのか具体的にわからない!」という方も多いはずです。

そこでこのページではYouTubeを収益化している(収益化を狙っている)方向けに、今回の利用規約によってどのような変化が生じるのかを解説します。

なお利用規約の変更案内は既に届いていますが、実際に利用規約が変更されるのは、12月10日だということに注意しましょう。

[toc]

2019年12月10日より有効のYouTube利用規約の主な変更点

2019年12月10日より有効となる新しい利用規約の変更点の中で、YouTubeの収益化を考えている方が注意するべきなのは、以下の3つの点です。

  • 視聴者に金銭、インセンティブを与えて視聴回数、高評価を稼ぐのを禁止
  • 年齢制限(13歳未満は視聴に親の許可が必須に)
  • サービス提供者がGoogle LLCに変更

この3点について、詳しく解説していきます。

視聴者に金銭、インセンティブを与えて視聴回数、高評価を稼ぐのを禁止

本来のユーザーエンゲージメントの測定結果を歪めることとして、ユーザーに金銭やインセンティブを与えて視聴回数や高評価を稼ぐのが禁止されました。

これまで「チャンネル登録とコメントをくれた方から抽選で〇〇名様に××をプレゼントします」というような、プレゼント企画と言われる企画を行うことが多くありました。

多くの場合は、既にいるチャンネル登録者への還元としての側面が強いですが、チャンネル登録者を稼ぐ目的で行うYouTuberもいました。

たとえば2019年に脱税容疑で逮捕された青汁王子は、YouTubeのライブ配信などでコメントをしたユーザーの中から、100万円を複数人にプレゼントするという企画を行いました。その結果、大きな注目を集めて現在ではチャンネル登録者が20万人ほどです。

しかし2019年12月10日以降は、ユーザーに金銭やインセンティブを与えて視聴回数や高評価を稼ぐのが禁止されるため、このように資金を使ってチャンネル登録者を稼ぐのは難しくなってしまいました。

またこれまでも禁止されていましたが、お金で視聴者を買い、チャンネル登録者数を水増しすることもできません。

年齢制限(13歳未満は視聴に親の許可が必須に)

国や地域ごとに、年齢制限が設定されました。日本では13歳未満のユーザーは親の許可がなければ動画を視聴できません。YouTubeは、YouTubeが必ずしも全ての年齢の視聴者に適したものではないと判断したため、このような制限が設けられたといいます。

日本でYouTubeの視聴者層の中で最も多いのが10代で、現在は13歳未満の子供の視聴者もかなり多いです。たとえば日本のトップユーチューバーのヒカキンやはじめしゃちょーは、小学生の視聴者も多いといわれています。

この他にも小学生などの13歳未満以下の年齢層の視聴者によって支えられているYouTuberも少なくありません。しかし13歳未満の視聴者が親の許可が必要になり、13歳未満のユーザーが減ってしまえば、小学生の視聴者に支えられているYouTuberは収益が大きく下がる可能性があります。

13歳未満のユーザーから人気があるYouTubeチャンネルは、ゲーム実況、YouTuberの動画、やってみた系の動画です。これらの動画ジャンルで収益化を行なっている方は収益が減ったり、これから収益化を狙っている方は収益化に苦労する可能性があります。

サービス提供者がGoogle LLCに変更

上記2つの変更と比較すると影響は小さいものと思われますが、YouTubeのサービス提供者がYouTube LLC(LLCとはアメリカの会社携帯の1つで「合同会社」のことです)からGoogle LLCに変更されます。

日本にもGoogleジャパンはありますが、基本的にGoogle LLCはアメリカ本土をメインとしているため、何かあった際の対応が遅くなる可能性が疑われています。

ただGoogleの方が会社の規模が大きいため、逆に対応が早くなる可能性もあります。

YouTubeの利用規約変更まとめ

2019年の12月10日から以下のような利用規約の変更があることを解説しました。

  • 視聴者に金銭、インセンティブを与えて視聴回数、高評価を稼ぐのを禁止
  • 年齢制限(13歳未満は視聴に親の許可が必須に)
  • サービス提供者がGoogle LLCに変更

このような利用規約の変更はしばしば行われ、新規参入者が入りづらい環境になってしまう可能性もあります。そのためYouTubeの収益化を狙っているのであれば、早めにはじめるのがおすすめです。

現在、ライン@から連絡をいただいた方に、全くの初心者でもYouTubeの収益化を目指せる内容の、無料教材を配布しています。興味がある方はご連絡ください。