YouTube

YouTubeのゲーム実況で稼ぐことはできるの?メリットとデメリット

YouTubeの世界では、ゲーム実況をメインとして活動し、莫大な利益を上げているYouTuberは少なくありません。2019年の8月に個人チャンネルとして初の登録者1億人を突破した、世界で最も稼ぐYouTuberを言われているPewDiePieもゲーム実況をメインに行なっています。

そんな状況で、「私もゲームが好きだから、YouTubeのゲーム実況で稼ぎたい!」と考える人は多いです。当サイト運営者の私(しゅう)は残念ながらゲーム実況でYouTubeの収益を得ているわけではありません。しかし私自身が他ジャンルでYouTubeで収益を得ている経験と、知り合いのゲーム実況者の情報があります。そこでこのページでは、2019年現在、YouTubeのゲーム実況で稼ぐことができるのか、メリットとデメリットを解説します。

YouTubeのゲーム実況で稼ぐメリット

顔を出す必要がない(会社にバレない)

ゲーム実況動画であれば、顔を出さずに収益化を行うことが可能です。もちろんゲーム実況者の中には、顔を出している人も少なくありません。ゲーム実況は顔出しなしで行なっている人が多いため、ブランディングの一環として顔を出すのが有効な場合もあるでしょう。しかしゲームをしている画面と音声のみの動画構成でYouTubeに投稿することができます。

最近では社員が副業を行うことを認めている会社も多いですが、社員が公に顔を出してYouTube活動を行うことを、好まない会社は多いです。そんな場合でも顔を隠してできるのは、ゲーム実況で収益化を行うメリットです。

初期費用が安く済む

YouTubeで動画を投稿しようとすると、編集用のPCや編集ソフトなどの他に、カメラなどが必要になるケースが多いです。他のビジネスと比較すれば、初期費用は安い方とはいえ、初期費用がかかります。しかしゲーム実況動画であれば、複雑な編集をせずに済むうえ、音声のみ撮れれば良いため、編集用のPCやカメラはいりません。

初期費用が高いビジネスを始める場合、やってみてダメだった時に損失を抱えることになりますが、ゲーム実況であればほとんど損失はないでしょう。「自分でもできるかも」という感覚で気軽に始めることができます。

好きなことで生きていくことができる

「好きなことで、生きていく」というのは、YouTubeのキャッチフレーズです。ゲームが大好きでゲーム実況を行い、収益を得ることができれば、文字通り好きなこと(ゲーム)で生きていくことができます。

もちろん好きなゲームを仕事にするといっても、必ずしも好きなゲームのみをプレイすれば良いわけではなく、視聴者を楽しませることを第一にプレイしなければなりません。そのためしばしば我慢が必要な場面もあります。

しかし好きでもない仕事をやらされるよりは、全然マシだと感じる人が多いようです。そのためゲーム実況で収益化できれば、より「好きなことで、生きていく」に近い状況を実現することができます。

有名人気分を味わうこともできる

実況スタイルによっても異なりますが、顔出しをしていなくても、個性がありチャンネル登録者数が伸びてくれば、有名人気分を味わうことができます。ほとんどの人は人生で有名人扱いされることはないと思いますが、ゲーム実況であれば、顔出しなしでも有名人扱いを受けることが可能なわけです。

お金を稼ぎながら、有名人扱いされることで自己顕示欲も強烈に満たされていきます。そのため「ゲーム実況はやってみると意外と辛い」という人も多いですが、依然として人気です。

YouTube以外の媒体を利用することも可能

ゲーム実況を行う媒体としてYouTubeを選ぶことで、YouTubeが既に囲い込んでいるゲーム実況動画の視聴者を自分のチャンネルに流入させ、登録者を増やしやすいという特徴があります。そのためゲーム実況を行うのであればYouTubeをおすすめしますが、ゲーム実況を行う媒体には「Twitch」(Amazon)や「Mixer」(Microsoft)など様々あります。

YouTubeはこれまでしばしば収益化の規約を変更してきており、その度に「稼げなくなるのでは?」と心配する声が上がりました。YouTubeも動画広告から収益を得ている以上、YouTuberが稼げる仕組みは守られるはずですが、今後稼ぎにくくなる可能性は0ではありません。その場合でもゲーム実況であれば、媒体を変えて稼ぐことができます。

YouTubeのゲーム実況で稼ぐデメリット

YouTubeのゲーム実況で稼ぐメリットはたくさんありますが、デメリットもあります。ここではゲーム実況で稼ぐデメリットを3つを紹介していきます。

  • ライバルが多い
  • プレイするゲームを選ぶことができなくなる
  • ゲーム実況以外の時間にも準備を行う必要がある

ライバルが多い

顔出しなしで動画を投稿できるうえ、初期費用があまりかからないゲーム実況は参入者が非常に多いです。その中から目標に応じたチャンネル登録者数と再生回数を稼ぐ必要があります。はじめるのは簡単なものの、収益化するのは簡単ではないということです。

またゲーム実況はその特性上、ライバルとの差別化を行うのが簡単ではありません。

ゲーム実況を行うゲームは、あまりマイナー過ぎると再生回数を稼げないため、人気のあるタイトルをプレイする必要があります。そのためライバルと同じゲームをプレイすることになることが多いです。さらに顔出しなしで実況を行うため、表情やリアクション、見た目で差別化を行うのも簡単ではありません。

そのため声やトークで差別化を図ることができる人や、ゲームのプレイ技術が高かったり、ユニークなプレイができる場合を除いて、人気チャンネルに育てるのは難しいかもしれません。

プレイするゲームを選ぶことができなくなる

「ゲームが大好きだから実況をしたい」と考えている人がゲーム実況を始めた時に直面する問題が、実況動画に対する需要とゲームの好みのアンバランスです。趣味でゲームをプレイする場合には、自分の好みに沿ってゲームを選んでプレイすることができます。しかしゲーム実況を行う場合、自分の好みだけでなく、「どんなゲームをプレイすれば再生回数が伸びるのか」という軸でゲームを選ばなくてはなりません。

たまたま視聴者が求めるゲームと、自分がプレイしたいゲームが同じであれば問題ありませんが、自分の好みではないゲームをプレイすることになる時もあります。「ゲームが好きで楽しみながら稼げると思ったのに、意外と辛かった」という人も少なくありません。

ゲーム実況以外の時間にも準備を行う必要がある

ゲーム実況を行う時には、進めていく中でアイテムを集めたり、レベル上げをしたりという準備を行う必要があります。自分の好きなゲームを実況しているのであれば、問題にはならないと思いますが、あまり好きでないゲームを実況する場合には苦痛に感じることもあるはずです。

YouTubeのゲーム実況の5つのスタイルを紹介

YouTubeのゲーム実況には大まかに5つのスタイルが存在します。ここでは以下の5つのスタイルを紹介していきます。

  • 雑談型
  • 解説型
  • 魅せプレイ型
  • イケボ型
  • エンジョイ型

雑談型

雑談型はゲーム実況をメインにしながらも、日々の出来事などを話したり、雑談も行う実況スタイルです。ゲーム以外に関しても、一人で話し続けることになるためトーク力が求められます。

また現在ではライブ配信を行いながら、コメントを読んで視聴者とのコミュニケーションを取りつつ実況を行う実況者も多いです。その場合、集中力が途切れた状態でゲームを進めることになり、プレイスキルが必要になります。

解説型

解説型はゲームの攻略をメインに実況するスタイルです。解説型はYouTube検索経由で、あまり知名度のない実況者でも再生されることが期待できます。そのため比較的参入しやすいゲーム実況のスタイルです。

ただ上位表示されるのはチャンネル登録者数が多い、人気チャンネルの動画になります。チャンネル登録者が少ない状態で、YouTube検索経由で再生を稼ぐのであれば、いち早く攻略を行い、動画を投稿するのが肝です。

なおこの解説型のスタイルの場合はエンターテイメントの要素の他に、「わかりやすさ」が非常に重要になることに留意しましょう。そのため編集でわかりやすく解説を行ったり、テキパキと聞き取りやすい声で話す必要があります。

魅せプレイ型

ゲームスキルが高く、魅せるプレイができるのであれば、魅せプレイ型のゲーム実況がおすすめです。魅せプレイが一度バズれば、大きくチャンネル登録者数を伸ばせることもあり、収益化を成功させやすい傾向があります。またゲームスキルがあれば、トークが下手でも何とかなるジャンルです。

しかし魅せプレイ型の場合は、当然ゲームスキルが非常に重要となるため、中途半端なゲームスキルではチャンネル登録者数を伸ばすことは難しいです。さらにゲームスキルが高いのがマイナーゲームだった場合には、いくらスキルが高くても、再生回数を伸ばすのは難しいです。

イケボ型

イケボ型は文字通り、イケボの方が良い声でゲーム実況を行うスタイルです。イケボでなければ不可能なスタイルのため、万人に適しているとは言えません。しかしイケボでさえあれば、トークがそれほど面白くなかったり、ゲームのスキルが高くなかったりと、通常のゲーム実況者としての適性がなくても、問題ありません。

またイケボ型の実況者には「囲い」と呼ばれるファンが集まってくることが多いため、YouTubeのライブ配信などを利用すれば、投げ銭の形で収益化を狙っていくことができます。イケボを持っている人であれば、非常におすすめのスタイルです。

エンジョイ型

エンジョイ型はとにかく楽しくゲームをプレイし、それを見ている視聴者も楽しめるようにするという実況スタイルです。雑談などはなく、魅せるプレイをするわけでもなくても、とにかく楽しくゲームをプレイするのがキモになります。

ただ楽しむのが重要とはいっても、あまりにプレイスキルが低いとイライラする視聴者がでてきたり、アンチがでてきたりする可能性があります。そのため楽しくプレイしながら、視聴者がイライラしないプレイを心がけましょう。

またゲームを楽しんでいても、熱中してしまい静かにプレイしてしまう人の場合、盛り上がりにかけることがあるので注意が必要です。

ゲーム実況で得ることができる収入源

YouTubeでゲーム実況をすることで得ることができる収入源には、アドセンスの広告収益以外にもいくつかの種類があります。ここではゲーム実況で得ることができる収入源を紹介します。

  • アドセンスによる広告収入
  • スーパーチャットの投げ銭
  • 企業広告の報酬
  • オリジナルグッズの販売
  • Amazonほしい物リスト
  • polcaなどの支援

アドセンスによる広告収入

アドセンスによる広告収入はYouTube実況者として最も一般的な収入源です。収益化が成功すると、YouTubeに投稿した動画に広告をつけることができます。その広告を視聴者が見たり、クリックをすることで連携したアドセンスアカウントに広告収益を得ることが可能です。

なおアドセンスによる広告収入は1再生回数約0.1-0.3円程度のことが多いようです。動画の長さや、動画につく広告の種類によっては1再生あたりのアドセンス収入は大きく異なることがあるため、注意しましょう。

スーパーチャット(投げ銭)

YouTubeではリアルタイムの配信を行うライブ配信の機能があります。そのライブ配信中に視聴者はライブを受動的に楽しむだけでなく、コメントを行うことが可能です。またスーパーチャットと呼ばれる機能を利用することで、課金を行いコメントの色を変えて目立たせることや、金額に応じてコメント欄の中で一定期間固定表示させることができます。

スーパーチャットが購入されると、その課金額の一部が配信者の利益になります。なおYouTuberの取り分は課金額からサービス手数料、消費税、その他の料金が差し引かれるため、65%前後に落ち着くことが多いようです。

多くのYouTubeの動画ジャンルでは、編集ありきとなっており、ライブ配信とは相性が良くないものが多いです。しかしゲーム実況であれば、ゲームをプレイしながら音声をオンにして、ライブ配信を簡単に行うことが可能です。そのためライブ配信とゲーム実況の相性は良く、スーパーチャットによって稼ぎやすいです。

企業広告の報酬

(こちらは、紳士服のコナカの企業広告の動画です)

ゲーム実況を行なっていると、ゲーム会社などの方から企業から声がかかって企業から直接案件をもらって提供動画の形で動画を投稿し、それに応じて報酬を得ることができます。企業広告の案件は会社によって相場が大きく異なると言われていますが、人気チャンネルであれば、まとまった額の報酬になることが多いようです。

で動画を投稿し、それに応じて報酬を得ることができます。企業広告の案件は会社によって相場が大きく異なると言われていますが、人気チャンネルであれば、まとまった額の報酬になることが多いようです。

ただ企業広告の案件はそれほど多いわけではありません。そのため企業広告の案件をメインに考えることはせず、あくまで他の収益のプラスアルファでもらえるボーナスという捉え方でチャンネル運営を進めていくのが良いでしょう。

オリジナルグッズの販売

人気チャンネルになれば、オリジナルグッズを販売して収益化を計ることも可能です。販売するグッズの単価と、ファン層によってオリジナルグッズの販売が上手くいくかどうかは決まってくると思いますが、効果的に販売することができれば、大きな利益になるでしょう。

なお1点注意が必要なのは、多くの場合は受注生産ではなく予め在庫を抱えることになるため、在庫リスクを抱えることになることです。自分の人気やグッズの需要、ファン層

などをもとに戦略的に販売を行える人でなければ販売を成功させるのは難しいでしょう。

Amazonほしい物リスト

Amazonほしい物リストをチャンネルの動画の概要欄に載せておくことで、ファンがほしい物リストから商品を購入してくれることがあります。あまり高額な物を購入してもらえたり、定期的に購入してもらえることは期待しない方が良いでしょう。

polcaなどの支援

polcaなどの支援を利用して利益を得ることも可能です。最低50円程度から支援することができるので、チャンネル登録者が増えれば一定額を稼ぐことができるでしょう。イケボなどで、太い(熱狂的な)ファンを得ることができれば、polcaだけでも大きな収益を得ることができます。