YouTube

YouTubeの収益化の審査に落ちることはある?対処方を紹介

こんにちは、YouTubeに出会うまでは仕事が辛過ぎて、自殺寸前のうつ病患者だったSYUです。

YouTubeを収益化させていく上で気になるのが、審査に通るかどうかですよね?

「YouTube収益化を考えているけど、審査に落ちるならやめとこうかな」

「既に収益化に向けて頑張ってきたけど、審査に通るかな」

そう思っている方は多いはずです。

そこでこのページでは、YouTubeの収益化に必要な審査に関して、

  • 実際に落ちることはあるのか?
  • どのようなチャンネルやジャンルは合格しやすいのか
  • 「審査厳格化=YouTubeは稼げない」ではないこと

を説明していきます。

収益化について不安に思っている方は参考にしてください。

審査の厳格化が2018年にスタート

YouTubeの収益化に際には、YouTubeパートナープログラムに参加することになります。

YouTubeパートナープログラムとは動画のクリエイターが動画を収益化し広告やYouTube Premium利用者による視聴から収益を受け取れるプログラムです。

このYouTubeパートナープログラムには以前から参加条件がありましたが、その条件が2018年に厳格化しました。

現在の参加条件は以下のようになっています。

パートナープログラム参加条件
  • YPP がお住まいの国で利用可能であること
  • 過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間を超えていること
  • チャンネル登録者が 1,000 人以上いること
  • 作成するコンテンツが YouTube パートナー プログラムのポリシーを遵守していること
  • リンクされた承認済みの AdSense アカウントがあること

これらの条件のうち、ほとんどの条件はデータ上で確認可能です。

しかし4つ目の条件に関しては、自分のチャンネルが条件を満たしているのかを確認することはできません。

そのためYouTubeの収益化の申請をしたのに落ちたといっている方の中には

気が付かずに、この4つ目の条件に引っかかってしまっている人が少なくありません。

アドセンス申請の合格率はたった4%?

「YouTube 審査 合格率」などのキーワードをグーグルで検索してみてください。

2017年はアドセンス申請の合格率は96%だったという記事などがでてきます。

他にもアドセンスに落ちたという人は珍しくはありません。

YouTubeパートナープログラムの参加条件の1つに

「リンクされた承認済みの AdSense アカウントがあること」

という条件がありました。

アドセンスに合格できないということは、YouTubeパートナープログラムに参加できないということです。

もし本当ならYouTubeの収益化は非常に難しいもののように思われます。

しかしまず、合格率がたった4%しかないのは全世界を通して考えたときのことです。

アドセンスは当然YouTubeのだけでなく、ブログも含まれます。

世界ではそれぞれアドセンスの申請が可能なYouTubeやブログを利用している人は

試しに申請してみようという人が多いです。

多くの日本人のように、申請する前からあれこれを調べて入念に対策をしてという人は多くありません。

そのため日本に限っていえばアドセンスの合格率はもっと高いだろうと言われています。

不合格にならないように気を付けていれば合格できるのがアドセンスです。

要点まとめ

全世界での合格率は4%でも、日本の合格率はもっと高い。

アドセンスの審査の結果がでるのはいつ?

アドセンスの審査は方法や手順が頻繫に変わると言われています。

そのためアドセンスの審査の結果がいつでるか正確な日数を知ることはできません。

中には申請して2‐3日で合格したという人もいますし、1か月以上経って不合格だったという人もいます。

審査の結果が出るまでにかかる日数はその時々というわけです。

(ちなみに、

「いつまでもアドセンスについての連絡がないのは落ちたからなのではないか」

と心配する人は少なくありません。

しかしアドセンスの審査依頼をすると合格の場合はもちろん、不合格の場合も連絡がきます。

迷惑メールフォルダにアドセンスのメールが来ていないか確認し、

来ていないようであれば、まだ審査に時間がかかるものと考えましょう。)

要点まとめ

審査の結果がいつ来るかは不明。

不合格でも連絡が来るので待っていよう。

YouTube収益化審査の対処法

YouTubeの収益の審査は、それがアドセンスであれ、YouTubeパートナープログラムの参加審査であれ、

しっかり対処をしておけば決して難しいものではありません。

そこでここでは、YouTubeの収益化審査の対処法として、

収益化の審査に合格しやすいチャンネルやジャンル、逆に落ちやすいチャンネルやジャンルなどを紹介していきます。

収益化の審査に合格しやすいチャンネルは?

YouTubeの収益化の審査に合格しやすいチャンネルは

コメントの数が多いチャンネルでも、再生回数が多いチャンネルでもありません。

YouTubeの収益化の審査に合格しやすいチャンネルは優等生的なチャンネルです。

当然以下の基本的な条件は満たしている必要があります。

  • YPP がお住まいの国で利用可能であること
  • 過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間を超えていること
  • チャンネル登録者が 1,000 人以上いること
  • リンクされた承認済みの AdSense アカウントがあること

しかし、過去12か月の総再生時間が4,000時間を大幅に上回っていても、

チャンネル登録者が1万人いても特に審査の合格に寄与しません。

最低限の条件を満たしつつ、YouTubeに嫌われるようなコンテンツを含まないチャンネルにするのが重要です。

具体的には後述するように

  • ヌードや性的なコンテンツ
  • プライバシーを侵害するコンテンツ
  • 有害で危険なコンテンツ
  • 不快なコンテンツ
  • 暴力的で生々しいコンテンツ
  • 著作権を侵害するコンテンツ

などのコンテンツを含まないようにしてください。

収益化の審査に合格しやすいジャンルは

収益化の審査に合格しやすいジャンルはオリジナリティが出やすいジャンルです。

オリジナリティが出やすいジャンルというとあまりにも抽象的なので説明します。

たとえば急上昇にのることも多いニュースやトレンド系の動画ジャンルはオリジナリティが低いジャンルです。

これらの動画のネタは共通しているので、誰が作っても同じようなものが出来上がるでしょう。

これはYouTubeの視聴者に動画で新しい発見を与えるという理念に反しています。

同様に、テレビ番組の一部を切り取ったものも当然ダメです。

一方、オリジナリティのあるジャンルや例えば趣味のジャンルで視聴者の知らない情報を届けているものや、

動画のネタ事態は真新しいものでなくても、BGMや映像、ナレーションがオリジナルのものです。

これらのジャンルは収益化の審査に合格しやすいだけでなく、

一度投稿したら半永久的に稼ぎ続けてくれる資産型のYouTubeチャンネルにするのに役立ちます。

収益化の審査に落ちやすいチャンネルは

  • ヌードや性的なコンテンツ
  • プライバシーを侵害するコンテンツ
  • 有害で危険なコンテンツ
  • 不快なコンテンツ
  • 暴力的で生々しいコンテンツ
  • 著作権を侵害するコンテンツ

などを含むジャンルはYouTubeのコミュニティガイドラインを破ることになります。

そのため当然収益化の審査に落ちやすいです。

審査の申請をする段階で既にコンテンツ数が多くなっている場合には

1個や2個上記のコンテンツを含んでいると考えられ得る動画があっても収益化できるかもしれません。

しかしそれほどチャンネル内の動画の数が多くないうちに申請をする場合、

上記のコンテンツを含む動画に1個でも含まれていれば問題です。

審査に落ちてしまう可能性が非常に高くなってしまいます。

またその他にも、

  • タグを乱用しておりスパムと判断されかねない動画を含むチャンネル
  • 動画タイトルがクリック目当ての内容との関係性の薄い動画を含むチャンネル
  • サムネイルが釣りと呼ばれるような動画を含むチャンネル
  • 説明文に関連動画としての表示狙いで動画と関係のない動画のリンクを含むチャンネル

などは収益化の審査に落ちる可能性が高いです。

収益化の審査に落ちやすいジャンルは

収益化の審査に落ちやすいジャンルはスクロール系の動画を筆頭にオリジナリティのでにくいジャンルです。

YouTubeの収益化が流行り始めた当初から、

文字をスクロールさせて無料BGMをつけただけのスクロール系の動画や、他の動画のほぼパクリの動画が多くなっています。

以前はそのようなジャンルでもある程度の再生回数を稼ぐことが出来、収益化も可能でした。

しかしそのような動画は視聴者にとって利益になるものではありません。

そのためこれ以上そのような動画を増やしたくないとYouTubeは考えているようです。

明らかに収益のみを狙って視聴者に資することのないスクロール系動画などは

そもそも収益化の審査に通さないことで、動画を投稿する人を少なくしようとしています。

YouTubeの収益化審査に落ちるコンテンツ

YouTubeは不特定多数の視聴者が楽しめるような動画を評価します。

限られた一部の人だけの利益になり、他の視聴者にとって適していない動画はYouTubeはいらないわけです。

そのためYouTubeの動画に適していないいくつかのコンテンツを含んでいる動画を出していると収益化の審査に落ちるでしょう。

また万が一、収益化の審査に通ったとしても後になってチャンネルの停止やアドセンスの停止につながる可能性があります。

ここで紹介するようなコンテンツは含まないように注意してください。

ヌードや性的なコンテンツ

当然のことですが、ポルノなどの露骨な性的なコンテンツはYouTubeでは許されません。

またそれほど露骨とは言えませんが、リカちゃん人形などの服を着せないで撮った動画も不適切とされることがあるようです。

人間のものでなければ良いと安易に考えないようにしましょう。

など、ヌードや性的なコンテンツを含む動画でも、

その動画の目的が教育やドキュメンタリー、科学、芸術などであれば許されることもあります。

ただしその場合でも過激な内容ではいけません。

またYouTubeや視聴者が動画の主な目的を簡単に理解できるように、タイトルや説明文などを設定する必要があります。

プライバシーを侵害するコンテンツ

プライバシーを侵害しかねないコンテンツを含む動画も収益化の審査に合格したいのであれば避けましょう。

プライバシーを侵害しかねないコンテンツとは具体的には以下のようなものです。

  • 画像や音声
  • 氏名
  • 財務情報
  • 連絡先情報
  • その他の個人情報

これらを含まないように注意しましょう。

なお万が一、他者の連絡先情報やその他の個人情報を動画にしてしまい、

何かしらの不利益がでれば訴えられる可能性もあります。

有害で危険なコンテンツ

YouTubeでは暴力の扇動や深刻な身体的危害あるいは死亡の恐れがある危険行為や違法行為を誘発しかねないコンテンツは禁止されています。

そのため例えば薬物や処方薬、オンラインカジノなど違法商品やサービスを

直接的もしくは、リンクなどを通して間接的に販売しようとする動画は認められていません。

またその他窒息ゲームのように重大な事故につながるコンテンツも禁止です。

また審査に合格させるという観点では、これらについて一切言及しないのが望ましいでしょう。

不快なコンテンツ

  • 人種または民族的出自
  • 宗教
  • 身体障がい
  • 性別
  • 年齢
  • 従軍経験
  • 性的指向性 / 性同一性

などの特性に基づいて他者を攻撃するようなコンテンツも禁止されています。

なおこれらの特性を持つ人々に対する

「差別的、または侮蔑的なものがすべて悪意のある表現と見なされるわけではありません。」

といわれていますが、審査のことを考えればこれらの特性を持つ人に言及しないコンテンツが適切です。

暴力的で生々しいコンテンツ

YouTubeは市民ジャーナリストや一般ユーザーなどが見の周りで起きた出来事を後悔する表現の場だといいます。

そのため報道や芸術、科学を背景にしている動画であれば

暴力的な描写や生々しい描写が含まれることを認めているようです。

しかし当然衝撃を与えることや再生回数を稼ぐための暴力的で生々しいコンテンツは禁止されています。

審査の段階ではこれらのコンテンツは一切含まないチャンネルであるべきです。

さらに報道や芸術、科学を背景にしている場合でも、視聴者によっては不快に感じるもの。

ガイドラインに違反しているとして報告される可能性は否定できません。

著作権を侵害するコンテンツ

著作権を侵害するコンテンツはYouTubeが非常に嫌うコンテンツです。

BGMや画像、映像など著作権を侵害する恐れのある要素は少なくありません。

自分の投稿する動画に含まれるものの全てが著作権を侵害しないものであることを確認してください。

なお著作権については

Youtubeの5つのペナルティーと対策を解説!こんにちは。 会社が嫌過ぎて自殺手前うつ病患者だった@SYUです。 皆さんYoutubeの動画を作成していることと思いますが...

の記事も参照してください。

落ちてしまったら再申請も可能

より早く審査に合格すればそれだけ収益は増えるわけですから、1発で審査に合格するに越したことはないでしょう。

しかしもしも審査に落ちてしまっても諦める必要はありません。

申請から1か月経てば再度申請することができます。

その1か月の期間を有効に活用して、どうして申請に落ちたのかをよく考えて改善させましょう。

不適切なコンテンツを含んでいるなどの理由で

既に投稿した動画を非公開にしないといけない場合もあるかもしれません。

その場合にはもったいないと思うかもしれませんが、非公開にしましょう。

少しでも怪しいと思ったら非公開にするのがおすすめです。

一度審査に合格さえしてしまえば、非公開を解除しても問題ないケースも少なくありません。

少しの間だけ非公開で我慢してください。

要点まとめ

審査から1か月経てば再申請可能。

一度落ちた原因を考えて変更を加えてから再申請する。

YouTubeはもう稼げないという嘘

YouTubeパートナープログラムの条件変更などの際には、毎回毎回

「もうYouTubeは稼げない」

「今さらYouTubeをやっても時間の無駄」

というように言い出す人がいます。

そのような意見を聞くと、自分もやらない方が良いと思ってしまかもしれません。

しかしYouTubeでの収益化への否定的な意見がでている今こそがチャンスです。

ライバルがYouTubeを始めようか迷っている間にがっつり稼いでしまいましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください