YouTube

YouTubeのエンドカードの作り方を紹介!初心者でも簡単

こんにちは、Youtubeの副業に出会うまでは会社が辛過ぎてうつ病で自殺寸前だったSYUです。

YouTubeのエンドカードは終了時5秒~20秒の間に流れる終了画面のこと。

シリーズものの動画をあげている場合では次の動画へのリンクを入れたり、

そうでなくても、自分の他の動画の再生を誘導することができます。

エンドカードを設定していない人はそれほど珍しくありませんが、エンドカードを設定しないということは

自分の他の動画の再生を誘導することができないということになります。

それではいつまでたっても収益化に成功することは難しいでしょう。

このページではエンドカードの設定方法を解説しているので参考にしてください。

エンドカードとは?

エンドカードとは通常アニメによく見られるものです。

本編が終了した後に、「また見てね」のような画面が流れたことがあると思います。

そのYouTube版を自分の動画に設定するのが今回のテーマです。

エンドカードは動画の終了時、5秒~20秒程度流れ、

自分の他の動画の再生や、チャンネル登録を促すことができます。

エンドカードは必ずしも作成しないといけないものでもありません。

しかしせっかく自分の動画を見てもらったのに、他の動画に誘導しないのは非常に大きな機会損失です。

そのため収益化のためには必須ともいえるでしょう。

実際、有名YouTuberなどはもれなく全員エンドカードをしっかりと利用しています。

エンドカードではブランディングもできる

基本的に関連動画やYouTube検索、検索エンジン経由などで動画を再生している人は、

その動画のチャンネルになんてほとんど注目していません。

そのため1度や2度見てもらっただけでは相手の記憶には当然残らないでしょう。

それではチャンネル登録者を増やすのが非常に難しくなってしまいます。

一方、5秒~20秒流れるエンドカードでしっかりチャンネルの宣伝をすることができれば、

もしその場でチャンネル登録してもらえなかったとしても、視聴者の記憶には残りやすくなります。

そうなれば次回以降、その視聴者があなたの動画を見たときに

「このチャンネルの動画前にも見たな。前回も面白かったし登録しとくか」

といって登録してもらいやすくなります。

エンドカードの設定方法

ここでは実際のエンドカードの設定方法を紹介していきます。

まずはアカウントにログインしてください。

そして「クリエイターツール」を開きましょう。
クリエイターツールを開くと次のように画面左側にメニューがでてきます。

クリックするのは「動画の管理」です。

動画の管理画面になります。

そうしたら「終了画面とアノテーション」をクリックしてください。

そうすると終了画面とアノテーションを編集できる画面に切り替わります。

ページ中央の「要素を追加」をクリックしてください。

このように

  • 動画または再生リスト
  • チャンネル登録
  • チャンネル
  • リンク

からエンドカードに追加する要素の選択をする画面が表示されます。

動画または再生リスト

「要素を追加」をクリックしてでてきた画面の「動画または再生リスト」をクリックすると次のような画面がでます。

選択肢

最新のアップロード
最近アップロードされた動画を自動的に表示します。

視聴者に適したコンテンツ
視聴者に適した動画が、チャンネルから自動で選択されます。

動画または再生リストを選択
最近のアップロード動画または再生リストから選択するか、URLを選択します。

から選択することができます。

シリーズものの動画を出すのであれば「動画または再生リストを選択」を選択すると良いでしょう。

そうでなければ「視聴者に適したコンテンツ」を選ぶのがおすすめです。

いずれの選択肢を選択しても良いですが、絶対に何かしらを選ぶようにしましょう。

そうでないとあなたの動画を見終わった視聴者は他の動画を見にいってしまいます。

チャンネル登録

先ほどの「要素を追加」してでてきた画面の中の「チャンネル登録」の横の「作成」ボタンをクリックしましょう。

そうするとエンドカード内で自分のチャンネルの宣伝をすることもできます。

チャンネル登録を促すことでチャンネル登録者数を増やすことが可能です。

また心理学に単純接触効果というものがあります。

簡単にいうと人は何度も接触したものには好意を持つという効果です。

もしエンドカードでチャンネル登録を促してチャンネルをアピールしなければ

視聴者はあなたのチャンネルと接触したことすら気が付かずにスルーするでしょう。

一方、エンドカードでチャンネルをアピールしていれば、初めてその動画を見た人はチャンネル登録をしてくれなくても、

何度かそのエンドカードを見ればチャンネル登録をしてくれる可能性はあがります。

チャンネル

このチャンネルは先ほどの「チャンネル登録」と混同しそうになるかもしれませんが、別のものです。

チャンネル登録は自分のチャンネルの登録を促すものでした。

一方「チャンネル」は自分のではないチャンネルを紹介する時に使うものです。

もしメインチャンネルとサブチャンネルを持っている場合は、

メインチャンネルの動画のエンドカードでサブチャンネルを紹介しても良いでしょう。

その逆ももちろん可能です。

  • チャンネルのユーザー名またはURL
  • カスタムメッセージ
  • ティーザーのテキスト

を設定して「カードを作成」をクリックしましょう。

リンク

リンクはエンドカード内で他サイトのリンクを貼ることができる機能です。

現状ではYouTubeを収益化している人はアドセンスの収益に頼っている人が少なくありません。

しかし最終的にはリンクで外部サイトに飛ばし、そこで自分の商品やサービスを買ってもらうのも良いでしょう。

その方が収益率で考えたときに稼ぎやすいです。

テンプレートを利用する

エンドカードの作成にはテンプレートを利用することが可能です。

「YouTube エンドカード テンプレート」とGoogleで検索しましょう。

いくつも無料でテンプレートを配布しているサイトが見つかるはずです。

それらのサイトで配布しているテンプレートはシンプルなものが多く、

テンプレートを使用する以上、当然完全に自分の思い通りのエンドカードを作ることはできません。

しかし画像を設定するだけでエンドカードを作成できるので非常に便利です。

ちなみに一応YouTubeで既にテンプレートは用意されています。

画面中央の「テンプレートを使用」をクリックしましょう。

次のようにテンプレートが表示されます。

ただし非常に簡素なものがほとんどです。

他のサイトでダウンロードできるテンプレートを選んだ方が良いでしょう。

掲載時間を調整する

エンドカード全体の掲載時間は動画の終わりの5秒~20秒の間と決まっています。

その枠の中で何秒間掲載するのかを決めましょう。

また「動画または再生リスト」「チャンネル登録」などの要素を別々に表示する場合には、

5秒から20秒という枠の中でどのような時間配分にするのか決めます。

プレビューを確認する

要素の追加や掲載時間の設定など、全ての設定が終わったところで一度画面左中央の「プレビュー」のボタンを押しましょう。

そうするとプレビューが表示されます。

よく確認して間違いがないのかをチェックしてください。

保存する

プレビューを確認して間違いがなければ保存します。

画面右中央の「保存」をクリックしてください。

「変更を全て保存しました」という表示がでれば設定完了です。

なお保存を押し忘れてしまうと最初からやり直しになることがあるので気をつけてください。

2回目以降はインポートが楽

初めてエンドカードを設定する時には様々な設定をしないといけません。

しかし一度エンドカードを作成してしまえば、既存のエンドカードをインポートして別の動画に使用可能です。

画面中央の「他の動画からインポート」を押しましょう。

そうすれば既存の動画に設定しているエンドカードと同じものが使用できます。

ただし、エンドカードは非常に重要なので、一度エンドカードを作成したらずっと使い回すのはおすすめしません。

内容や時間を変えながら

「どうすれば、一番自分の動画を見てくれる層の人にとって魅力的なエンドカードになるのか」

という点を検証してエンドカードにこだわっていきましょう。

まとめ

この記事ではYouTubeの収益化に必須のエンドカードに設定方法について紹介してきました。

最初のうちはエンドカードを設定するのは大変かもしれません。

しかし基本的に一度、自分のチャンネルにあったエンドカードを作ることに成功すれば、

インポートで使いまわすことができます。

そのためそれほど手間はかからないはずです。

ちょっとした手間を惜しんで再生回数のアップやチャンネル登録者の増加の機械を逃さないようにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください