YouTube

副業でやっているYouTubeが会社にバレたらどうなる?

こんにちは、YouTuberコンサルのしゅうです。最近ではYouTubeを副業で行う人が増えてきています。しかし「会社にバレないか不安」という理由で、なかなかはじめられないという方もいるようです。

そこでこのページでは会社が副業を禁止することの法律的正当性の有無とバレるとどうなるのか、バレる理由を解説しています。

YouTube副業は法律的に禁止されることはない

近年では副業を「解禁」する企業が増えつつありますが、しかし「そもそも副業を法律的に禁止することはできるのか」という点を解説していきます。

会社員の副業禁止には法的拘束力はない

民間企業の会社員に対して副業を禁止することは、基本的には不可能です。(後述するように例外があります)就業規則で、会社に許可なく他人に雇い入れられることを禁止し、違反した場合には懲戒処分とすることもあります。しかし事前に副業の許可を申請さえすれば、会社は副業を許可せざるを得ないというのが、現実です。

会社員の副業が禁止されるのは以下のような場合

基本的には、会社員の副業を法律的に禁止することはできませんが、以下のような場合は、民間企業の会社員も副業を法律的に禁止することができます。

  1. 本業に明らかな支障が出てしまう作業量の副業を行なっている
  2. 本業と競合関係となる業界での副業を行なっている
  3. 本業の会社の信用を失墜させる副業を行なっている

1は昼間勤務の企業に勤めながら、夜勤のバイトをするような場合などに、当てはまります。また2は本業と利害関係にある業界での副業を禁止しているものです。3で禁止されている副業の会社の信用を失墜させる副業とは、たとえば証券会社で働きながら、風俗店のボーイを副業として行うというような場合に当てはまります。またYouTubeをやっており、投稿内容が会社の信用に関わるような場合にも注意が必要です。

勤務会社に兼業を認めなかったことを不適法と判断された事例

上で紹介した3つのケースでは、会社員の副業は法律的に禁止されますが、基本的には副業禁止に法的拘束力がないのは、上で紹介した通りです。実際に会社員の副業を認めなかった企業が不適法と判断され処分を受けた事例もあります。

たとえば運送会社に勤める長距離運転手が業務に支障をきたさない範囲で副業の許可を申請したところ、明確な理由なく申請が却下されるということがありました。しかし理由もなく従業員の副業を禁止した会社の対応は、裁判によって不適法だとされています。

公務員は法律で副業禁止

本業に支障をきたす場合を除いて、民間企業の会社員が副業を行うことを法律的に禁止することはできません。しかし公務員は法律で副業が禁止されています。なおここでいう公務員とは国家公務員や、地方公務員、教員などです。

国家公務員の副業禁止の明文

国家公務員は国家公務員法上、「国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当たっては、全力を挙げてこれに専念しなければならない」と決められています。それに応じて次のように副業を禁止する明文があります。

(私企業からの隔離) 第一〇三条 職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない

(他の事業又は事務の関与制限)

第一〇四条 職員が報酬を得て、営利企業以外の事業の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、その他いかなる事業に従事し、若しくは事務を行うにも、内閣総理大臣及びその職員の所轄庁の長の許可を要する。

国家公務員の兼業について

地方公務員の副業禁止の明文

国家公務員法ほど、厳しく禁止されているわけではありませんが、地方公務員も副業が禁止されています。

(営利企業等の従事制限)

第38条 職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない

地方公務員法

なお国家公務員も地方公務員も副業は禁止されていますが、上長の許可があれば、副業を行うことができます。(ただし行える副業の種類には限りがあります。)

法的拘束力がなくても副業を禁止する会社も

本業に支障をきたす場合を除いて、副業を禁止することはできません。しかし就業規則で副業を禁止している会社は少なくありません。では就業規則で副業を禁止している会社に副業がバレるとどうなるのでしょうか?

バレるとクビもあり得る?

副業がバレればクビになることもあります。副業が本業に支障をきたしていない場合、裁判を起こせば、クビにならずに済むこともあるのは上で紹介した通りです。しかし誰でも裁判を起こせるというわけではありません。そのような場合は泣き寝入りして、クビを受け入れるしかないというケースは多いです。

キャバクラで副業をしていて、解雇になった事例

実際、副業をしていてクビになった事例もあります。たとえば兼業禁止規定がおかれている建設会社の社員が、就業時間後に深夜までの間、キャバレーで会計係として勤務を行なっていたところ、勤務先の建設会社はその社員を懲戒解雇しました。事務員は裁判を起こしたようですが、会社に事前に副業の申請を行わなかったことと、キャバレーでの勤務時間が長く、本業に支障をきたす恐れがあったことを理由に、敗訴しました。

出世しにくくなる可能性もある

副業が会社にバレてしまいえば、クビにならなくても、出世しにくくなってしまうことがあります。本業はあくまでベーシックインカムと考えており、副業に力を入れるのであれば問題ありませんが、本業でも出世したいのであれば、副業がバレれば非常に大きなマイナスになる可能性が高いです。

なお会社が副業を認めていても、副業が理由で出世しにくくなる可能性は少なくありません。副業を認めている以上、副業をしていることにより出世しにくくなるとは会社は認めないでしょう。しかし会社としても副業をやっている社員よりも、会社一筋で頑張っている社員に重要な役職を任せたいと思うのは当然です。そのため出世したいのであれば、副業をしないか、バレないように注意する必要があります。

YouTube副業がバレるのはどうして?

副業が禁止されている会社で副業を行う場合や、副業を禁止してはいないものの、副業をし辛い環境のため、YouTube副業を会社に内緒で行うケースは多いです。しかし会社に内緒で副業を行なった結果、バレてしまったという方もいます。内緒で行なっている副業がバレるのはなぜでしょうか?

確定申告関係でバレるケース

会社員の方が内緒でやっている副業が確定申告でバレてしまうことは多いです。サラリーマンの確定申告は、勤めている企業が代理で行いますが、会社から受け取る給与所得以外の副業による収入があると、住民税額が大きくなります。そして住民税額が他の社員よりも多いことに気づかれてしまい、YouTube副業がバレてしまうというわけです。後述する対策を実施することで、確定申告関係でバレることを防ぎましょう。

副業を知っている同僚が情報を漏らすケース

他に内緒で行なっている副業が会社にバレてしまう原因として多いのが、副業を行なっていることを話した同僚が会社に報告してしまうケースです。副業がうまくいっていないのであれば、妬みや恨みを買うことは少ないですが、副業が軌道にのっていれば、妬みや恨みを感じた同僚が会社に報告してしまうことは十分に考えられます。仲の良い同僚に対しても、副業を行なっていることは隠しておくのがおすすめです。

顔出しや身バレでバレるケース

会社員として勤務しながら、顔だしでYouTubeを副業で行なっている方もしばしば見かけます。人気が出たり、炎上すれば会社を特定される可能性が高く、たまたま会社の関係者が動画を見る可能性も否定できません。

投稿している動画の内容にもよりますが、YouTubeは特に会社から良い顔をされないことが多いため、顔出しでYouTube投稿をするのであれば、覚悟が必要です。また顔出ししていなくても、特定されてしまうケースもあることには留意しておきましょう。

会社にYouTube副業がバレない確定申告のやり方

会社員として給与所得を得ている場合、副業による利益が20万円以上であれば、確定申告の必要があります。また利益が20万円未満でも次の条件に当てはまる方は、確定申告を行わなければなりません。

  • 年収が2,000万円を超えている
  • 2ヶ所以上から給与を受け取っている
  • 住宅ローン控除や医療控除などを受けるために確定申告が必要

しかし確定申告の際に、会社に副業がバレてしまう方は多いです。会社に副業を隠すためには、確定申告書Bの「住民税・事業税に関する事項」の欄の「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」という項目で「自分で納付」を選択しましょう。

「自分で納付」を選択しておけば、YouTube所得に対する住民税が会社の給与から天引きされることはないため、住民税の変化が原因で副業がバレるリスクが小さくなります。

まとめ

副業は本業に支障をきたす場合を除いて、禁止することは法律的には不可能です。しかし副業をしていることがわかれば、出世しにくくなったり、会社で居づらくなったりということがあります。そのため基本的にはYouTubeで副業するのであれば、会社には内緒で行うのがおすすめです。

会社にバレないための、チャンネル運営方法はライン@からご連絡いただければ、相談に乗ることも可能です。気軽にご連絡ください。