YouTube

YouTubeのアカウント停止は復活可能?誤バンもありえる?

こんにちは、YouTuberコンサルのしゅうです。

YouTubeで収益化するうえで警戒しなければならないのが、アカウント停止。このページではYouTubeでアカウント停止について、解説していきます。このページさえ読めば、アカウント停止について知っておくべきこと全てを理解することができるため、参考にしてください。

[toc]

YouTubeのアカウント停止後に復活までにかかる期間は?

YouTubeのアカウントが一度停止されてしまうと、復活は残念ながら期待できません。

アカウント「停止」という言葉が使われているため、アカウントの停止は一時的なものという印象を受けます。

しかしYouTubeのアカウント停止は、実質アカウントの「削除」を意味しており、一定期間待つことでアカウント停止が解除され、今まで通り動画を投稿できるようになるということはありません。

アカウント停止となった有名YouTuberたち

アカウント停止となってしまうと、アカウント停止が解除されることはほとんどありません。そのためYouTuberはアカウントが停止されることがないように、最新の注意を払っています。

しかし一部の有名YouTuberはアカウント停止の被害にあっています。

ラファエルのアカウント停止

ラファエルはチャンネル登録者200万人を超える大人気YouTuberです。

露出の多い女性を起用したエロ系の動画や過激な表現の暴力的な動画が多かったほか、情報商材系の企業の商品を紹介しているような動画があったため、アカウント停止されました。

やはりエロ系や暴力的なコンテンツはガイドラインに違反し、アカウント停止されてしまうリスクが高いことがわかります。

レペゼン地球のアカウント停止

アカウント停止(バン)で有名なのが、レペゼン地球です。

レペゼン地球は度数の高いお酒の一気飲みや、下ネタを含む動画などで人気を博していましたが、その動画の過激さが原因でチャンネル登録者が100万人を超えた直後にアカウント停止となりました。

現在は新しいチャンネルを作成しており、チャンネル削除前のチャンネル登録者数を大きく上回る200万人の登録者数を誇っていますが、レペゼン地球のキャラクター性がなければ、再度チャンネル登録者数を復活させるのは難しかったはずです。

過激な動画やエロコンテンツを含む動画は、それだけ視聴数とチャンネル登録者を稼ぎやすいです。

しかし同時にアカウント停止になったり、アカウント停止まではいかなくとも、動画に貼ってある広告が剥がされてしまう危険性があるため注意が必要です。

imigaのアカウント停止

imigaチャンネルは知らない人がほとんどだと思いますが、様々な趣味に関する動画をアップロードしており、チャンネル登録者が10万人ほどいました。

「ゴキブリ虐待動画」「エロイプ親父動画」「ユーチューバーアーチェリー対決」などの動画が削除対象となっており、3つ目の動画が削除された際に、YouTubeの規定に従ってアカウントが停止されました。

しかしチャンネル運営者のimigaはアカウント停止に異議を唱えています。

「ゴキブリ虐待動画」「エロイプ親父動画」は暴力的コンテンツやアダルトコンテンツを含んでいるため、削除されてしまうのはしょうがないです。

しかし「ユーチューバーアーチェリー対決」は暴力的なコンテンツもなく、男性の上裸しか写っていないため、問題ないと言っています。異議申立てを行っているようですが、チャンネルのアカウント停止の解除には至っていないようです。

自分では問題ないと思っている動画でも、YouTubeのプログラムや、YouTubeの運営からすれば、問題があるケースがあるため、注意しましょう。

真野ゆりあのアカウント停止

真野ゆりあは元セクシー女優で、エロ系のハウツー動画を多く投稿しているYouTuberでしたが、2018年8月にアカウントが停止されてしまっています。エロ系の動画を投稿していれば、YouTubeのガイドラインを考えれば、アカウントが停止も当然です。

本人はYouTubeのプログラムや運営者がアカウント停止にしたのではなく、真野ゆりあの動画を快く思わなかった視聴者が通報したため、アカウント停止に至ったとしています。

しかしエロ関連の動画を投稿していれば遅かれ早かれアカウント停止になった可能性が高いです。

現在でも「おかず姫」や「丸の内OLれいな」などエロ系のコンテンツを売りにして収益化している人は少なくありませんが、長くYouTubeを続けていくのであれば、エロ系のコンテンツは控えることをおすすめします。

異議申し立てにより復活するケースもある

基本的には、一度停止されてしまったアカウントは復活しませんが、「異議申し立て」を行うことにより復活するケースもあります。

異議申し立てとは、文字通りYouTubeがあなたのアカウントを停止したことに対して「私のアカウントを停止する判断は誤っているため、停止を解除してください」と申し立てることです。

YouTubeのアカウント停止は人が手動で行っているのではなく、AIが行っているケースが多いです。そのためAIの判断ミスにより誤ってアカウント停止されてしまうことがあります。(誤ってアカウント停止されることを誤バンと呼ばれます)

誤バンされてしまった場合は、異議申し立てを行うことで、アカウント停止が解除され、チャンネルが復活することがあります。

東京03の誤バン

お笑い芸人の東京03のYouTubeチャンネルも2017年に誤バンになったことがあります。

チャンネル開設後すぐに、アカウントが停止され、公式チャンネルのページには「(このアカウントは)スパム、詐欺、誤解を招くコンテンツに関する YouTube ポリシーやその他の利用規約に対する度重なる違反、または重大な違反のため停止されています」というエラーメッセージだけが表示されるようになりました。

東京03本人が開設したアカウントにもかかわらず、アカウントが第三者の偽物によって作成されたアカウントだと判断され、停止されたようです。

このケースでは数週間程度アカウント停止状態が続いたようですが、後にアカウント停止が解除され、現在ではアカウントも成長しておりチャンネル登録者32万人の大手チャンネルとなっています。

このように有名なお笑い芸人のチャンネルでも、誤バンによってアカウント停止になることがあるため、常にアカウント停止のリスクは警戒しておくのがおすすめです。

KAZUYAチャンネルの誤バン

KAZUYAチャンネルとは、政治系YouTuberとして最多級のチャンネル登録者数を抱えるチャンネルです。

そのKAZUYAチャンネルが2018年7月にアカウント停止となりました。

理由は諸説ありますが、5ちゃんねるの「なんでも実況ジュピター」通称「なんJ」板で行われていた「ネトウヨ春のBAN」祭りが原因なのではないかとする声が多いです。

「ネトウヨ春のBAN」祭り投稿内容が右傾化している動画投稿者の動画をなんJのユーザーが一斉にYouTubeにガイドライン違反として通報しアカウントのBAN(停止)させようとするもの。その被害者にKAZUYAチャンネルもなったと言われています・

KAZUYAチャンネルの場合は、異議申し立てを行ったところ「調査の結果、お使いのYouTubeアカウントが利用規約に違反していないことを確認できました。この結果を受け、お使いのアカウントの停止を解除いたしました」としてアカウント停止が解除されました。

KAZUYAチャンネルのアカウント停止は、なんJユーザーによるものでしたが、YouTubeで炎上した場合にも同じように、アカウント停止に追い込まれる可能性があります。

さらに異議申立てを行っても、KAZUYAチャンネルのように、アカウント停止が解除されるとは限りません。そのため誤バンには注意しましょう。

シバター

ジャンル問わず物申す系の動画を上げており、現在はチャンネル登録者が100万人を超えているシバターですが、100万人の登録者を達成する前に、一度アカウント停止されています。

シバターは物申す系の動画の他に、ギャンブル関連の動画を頻繁にあげており、その中の動画がYouTubeの規約違反と判断されたようです。

ただシバターのケースでは異議申立てを行うことでアカウント停止の解除を受けることができました。

ほとんどの場合、異議申立てを行っても、アカウント停止が解除されることはありませんが、心当たりがない場合は、異議申立てするのも良いでしょう。

2019年から施行された大きな規約変更

2019年は、いくつかの大きな規約変更がありました。2019年にあった大きな規約変更の概要を紹介していきます。

規約変更の原因は迷惑YouTuber?

YouTubeは基本的に再生数が多ければ多いほど、多くの収益を得ることができる仕組みです。そのため再生数稼ぎを目的に「とにかく過激な内容で目立とう」と考えるYouTuberが増えてきました。

再生回数稼ぎを目的に投稿される危険な動画には過激ないたずら(ドッキリ)やエロ、チャレンジ動画などがありますが、2018年12月からNetflixで配信された映画「バード・ボックス」に因んだバード・ボックス・チャレンジはその典型例です。

バード・ボックスという映画は見たら死ぬ何かに追い詰められるというストーリーで、子供達を目隠しで連れて歩いたり、目隠しのまま車を運転するシーンもあります。そしてバード・ボックスを真似して、実際に目隠しして子供を散歩したり、車を運転したりという動画がYouTubeに数多く投稿されました。

このような動画が増えつつあるため、YouTubeは近年、規約をより厳しいものに変更しているというわけです。

過激なカスタムサムネイルの禁止

投稿した動画に自由に設定できるカスタムサムネイルですが、過激なサムネイルなど、YouTubeのコミュニティーガイドラインに準拠しないサムネイルの使用が規制対象です。

一度の違反では、設定したカスタムサムネイルとは異なるサムネイルが自動で設定されるだけに留まります。しかし2回目の違反をしてしまうと、30日間はカスタムサムネイルを自分で設定することができません。そして30の間に3回目の違反をしてしまうと、アカウント停止です。

悪質な外部リンクの禁止

動画の概要欄や、動画内から外部へのリンクを貼ることが可能ですが、外部にリンクを貼る際、リンク先のコンテンツがコミュニティーガイドラインに沿っている必要があります。

いくら動画の中身がコミュニティーガイドラインに沿っていても、たとえばアダルトサイトへ外部リンクを貼ってしまえば、規制対象になるというわけです。

外部リンク違反のみの場合、1回目は動画は削除されませんが、外部リンクが削除されます。そしてペナルティー期間となり、1回目の外部リンク削除から90日以内に3回目の違反をしてしまうと、アカウント停止となってしまうため、注意しましょう。

危険なチャレンジやいたずらの禁止

過激なコンテンツへの規制は年々厳しくなりつつありますが、2019年には重大な被害を招くおそれのある危険な活動を助長するコンテンツ規制対象になりました。

また命の危険にさらされかねないチャレンジや重症をおいかねないチャレンジや、子供のトラウマになりかねないいたずら(ドッキリ)も禁止されています。

炎上を狙ったコンテンツやヘイトを含むコンテンツも禁止

2019年6月にはYouTubeの「広告掲載に適したコンテンツのガイドライン」が更新されました。

「不当に炎上を招く、扇動する、または他者を侮辱するコンテンツ」は広告掲載に適さないとし、「炎上を招く、他者を侮辱するコンテンツ」「個人もしくはグループに対する嫌がらせ、威嚇、いじめに当たるコンテンツ」には広告表示なし、または制限ありの措置が行われるようです。

無名の動画投稿者でも炎上したり、有名人に難癖をつけることで、注目を集めることが可能です。これまで意図的に炎上を招いたり、特定の有名人を侮辱することで再生回数を稼いでいた動画投稿者は少なくありませんでした。

しかし今後は同じ手口で再生回数を稼いでも、広告が表示できないため、アドセンスの広告収入を得ることはできません。

ただあえて炎上したり、有名人に喧嘩をうるのは注目を集めるという観点では非常に有効です。

ほとんどの方は、炎上したり有名人に喧嘩を売っている人を批判しますが、一部は同調する人もいます。そのような人間をファンにしてしまえば、ある程度の人気を集めることができます。

YouTubeはあくまで知名度を得るための手段に過ぎないと割り切り、外部で自分の商品やサービスを売ることを目的にしているのであれば、炎上を狙うのも「稼ぐ」という意味では悪くありません。

絶対に知っておくべきYouTubeのルール

YouTubeは著作権とコミュニティーガイドラインを非常に重視しています。

YouTubeのマイページから、自分のチャンネルのステータスを確認することができます。「著作権侵害ステータス」は自分のチャンネルが著作権を侵害をしていないかを確認するのに使うものです。

「コミュニティーガイドライン違反ステータス」では自分のチャンネルがコミュニティーガイドラインを違反していないかを確認することができます。

上画像の青枠内のように、ステータスが緑であれば、自分のチャンネルは著作権侵害や、コミュニティーガイドライン違反をしていない健全なチャンネルだということです。

しかしこのステータスが赤になっていると、著作権侵害やコミュニティーガイドライン違反をしていることになり、アカウント停止の可能性が高いため注意しましょう。

事前警告ありの3ストライク制

コミュニティーガイドライン違反した動画を投稿すると、ペナルティーを課されます。1回目の違反ではコンテンツの投稿が1週間停止され、1回目のペナルティー後から90日の間に2回目の違反をすると、コンテンツの投稿が2週間禁止され、3回目の違反をすると、アカウントの停止です。

これまでは違反の回数と、ペナルティー期間に一貫性がありませんでした。たとえば一度しか違反していないにもかかわらずアカウント停止になるケースや、複数回違反していてもアカウント停止にならないケースです。

しかし2019年現在は、上記のルールのもとで、3回の違反でアカウント停止となる、3ストライク制が厳守されています。

また1回目の違反の際に、事前警告がでるようになりました。事前警告がでるとコンテンツは削除されますが、ペナルティー期間とはなりません。そのため実質4回コミュニティーガイドラインに違反することで、アカウント停止となります。

著作物はContent IDに登録される

YouTubeに動画を投稿する際に、投稿者はその動画内の動画や音声をContent IDに登録することができます。

はじめに登録されたデータはオリジナルとして認識され、それ以降同じ動画や音声を含む動画が投稿されると、著作権侵害をしているコンテンツとして検出され、ペナルティーを受けます。

なおフリー素材にBGMを利用する場合でも、他の使用者が誤ってフリー素材をContent IDに登録してしまっており、同じBGMを使用した動画が著作権侵害をしたコンテンツとして検出されることがあるため注意しましょう。

なお著作権を侵害するコンテンツは以下の3つのうち、いずれかのペナルティーを受けることになります。

  • 第三者コンテンツの一致
  • 一部の国でブロック
  • 全ての国でブロック(全世界ブロック)

上記3つのペナルティーを簡単に説明します。

第三者コンテンツと一致

こちらは厳密にはペナルティーにはカウントされず、動画は削除されません。しかし動画から発生する広告収入は動画の著作者の収益となります。

また著作者が要請することで、動画が削除される可能性もあり、その場合はペナルティーとなるため「第三者コンテンツと一致」とされているコンテンツは迅速に削除しましょう。

なお著作権を侵害した場合のペナルティーには、前述の3ストライク制が適用されます。

一部の国でブロック

こちらも動画は削除されず、厳密にはペナルティーではありませんが、一部の国の視聴者が動画を視聴しようとすると「この動画はお住いの国では著作権上の問題でブロックされてます」と表示され、視聴できなくなります。

著作者が一部の国でのブロックを指定している場合や、国によって著作権法が異なるため、一部の国では視聴でき、一部の国では視聴できないという状態になるようです。

動画一覧からブロックされているコンテンツを探し、「一部の国でブロック」という文字をクリックすることで、動画内のどの部分が著作権を侵害していると判断されているのかを確認可能です。原因の特定後、改善してください。

全ての国でブロック(全世界ブロック)

全ての国でブロックは文字通り、全ての国で動画を視聴できない状態になるペナルティーを指します。

アーティストのCDや、映画、アニメなどを投稿した場合には全ての国でブロックになることが多いです。

Content IDで著作権を侵害するコンテンツを検出すると、著作者に連絡が行くため、多くの場合、著作者からの要請に応じで動画が削除されペナルティーとなります。

YouTubeのアカウントを停止された時の対処方法

YouTubeは様々な規約を設けているものの、「98%のクリエイターはこれまで一度も規約違反をしたことがない」と説明しています。ここまで解説してきたことをよく理解したうえで、著作権に気をつけコミュニティーガイドラインを遵守すれば、そもそもアカウント停止になることはありません。

しかし「気をつけていたにもかかわらず、アカウント停止になってしまった!」という事態になる可能性があります。そこでここではYouTubeのアカウントが停止されてしまった場合に、どのように対処すれば良いのか解説していきます。

3度のペナルティーでアカウント停止になった場合

90日以内に著作権侵害や、コミュニティーガイドライン違反を3回してしまうと、アカウントを停止されます。その場合、異議申し立てなどを行っても、アカウント停止が解除される可能性は低いです。そのため諦めて新しいチャンネルを開設することをおすすめします。

なおペナルティーは回数を重ねるごとに、YouTubeからの印象が悪くなるため注意が必要です。

たとえば著作権侵害やコミュニティーガイドライン違反をしているかどうかギリギリの動画と投稿して、ペナルティーを課されたとしましょう。これまで一度もペナルティーを受けたことがなければ異議申し立てでペナルティーが解除される可能性があります。

しかしこれまでにペナルティーを受けた経験があると、異議申し立てが受け入れられる可能性は低いです。

そのため2度ペナルティーを課されてしまった後は、より著作権とコミュニティーガイドラインを遵守した動画を作成するようにしましょう。

初めてのペナルティーでアカウント停止になった場合

2019年現在、基本的にはペナルティーが3回課されるまではアカウント停止になることはありません。しかし2018年まではこれまでペナルティーを受けたことがないチャンネルが1度のペナルティーが原因で、突如アカウント停止になることがありました。

このように初めてのペナルティーがアカウント停止になってしまった場合は、異議申立てを行うことでチャンネルが復活する可能性が期待できるため、異議申立てを行いましょう。

なお明らかな著作権侵害やコミュニティーガイドライン違反が原因で、ペナルティーとなった場合、1度目のペナルティーでも異議申立てが拒否される可能性が高いです。

利用規約第4条H項に違反している場合

YouTubeの利用規約第4条H項は以下のような内容です。

お客様は、人間が、標準的なオンライン・ウェブ・ブラウザを使用して、一定の時間内に合理的に生成しうるリクエスト・メッセージよりも多くのリクエスト・メッセージを同程度の時間内にYouTubeサーバに送信するような方法で、本サービスにアクセスする自動システム(「ロボット」、「スパイダー」又は「オフラインリーダー」を含みますが、これらに限られません。)を使用又は起動しないことに合意します。

自動システムを利用してYouTubeにアクセスすることを禁止する内容になっており、ほとんどのクリエイターには関係ないことのようです。

しかしYouTube側の判断ミスで、利用規約第4条H項に違反しているとして、ペナルティーを受けることがあるため注意しましょう。

「著作権侵害やコミュニティーガイドライン違反をしている身に覚えが一切ないのに、ペナルティーになってしまった」という場合には、利用規約第4条H項に違反しているとしてペナルティーを課されていることが多いです。

なおYouTubeの判断ミスでペナルティーを受けたのであれば、異議申立てを行えば、多くの場合、アカウントの停止が解除されます。

異議申立てにはデメリットがある

異議申し立てをしても、アカウント停止が解除されることは少ないですが、異議申立てをすれば、アカウント停止状態から復活することがあります。そのため「ダメ元で異議申し立てをしてしまえば良いのではないか」と考える方がいるかもしれません。

しかし異議申立てにはデメリットがあります。

異議申立てを行うと、YouTubeは当該動画とそのチャンネルだけでなく、同じGoogleアカウントに紐づけられている複数のチャンネルとその動画を検査するようです。

著作権侵害やコミュニティーガイドライン違反ぎりぎりの動画を他のアカウントでも投稿していると複数のチャンネルで動画が削除され、アカウント停止することがあります。

そのためあくまで異議申し立てをすることで、アカウント停止が解除されることが期待できる時にのみ異議申立てを行うのがおすすめです。

YouTubeの異議申立ての手順を解説

YouTubeの異議申立てを行うためにはGoogleアカウントヘルプ「Google サービスにアクセスできない」のフォームにアクセスします。

そして以下の5つの情報を入力して「送信」をクリックします。

お客様の氏名
本名を「姓名」の形で漢字入力します。

YouTubeチャンネルのログインに使用するメールアドレス
チャンネル停止を受けてしまったチャンネルと紐つけられているGoogleアカウントのメールアドレスを入力します。Googleにログインした状態で、フォームにアクセスすると自動で入力されているはずです。

Googleからの連絡に使用できるメールアドレス
異議申立ての受理後に、結果の受信用のメールアドレスです。上で入力したメールアドレスで構いませんが、上記のメールアドレスが使用できない場合など、他のメールアドレスを指定することができます。

停止されたYouTubeチャンネルのURL
停止されたYouTubeチャンネルのトップページを表示した際に、URL欄に表示されるURLをコピーして貼り付けましょう。「 https://www.youtube.com/channel/UCftut9Z6S48igRNSQRDpCCg 」というようにUC〜から続く不規則なURLがそれぞれチャンネル毎に異なるURL部分です。

チャンネルが誤って停止されたと思われる理由
1000文字以内でチャンネルが誤って停止したと思われる理由を入力します。少し表現がわかりにくいですが、「どうしてチャンネルが誤って停止されたのか、チャンネル停止の理由」を入力するのではなく「どうしてチャンネルが誤って停止されたと考えたのか」を入力することに注意しましょう。この理由の部分は最も重要なので、注意してください。

Googleアドセンスは停止されてしまう場合も

YouTubeで収益を得られなくなるのには、アカウント停止とアドセンスの停止の2つのパターンがあります。

アカウントが停止されてしまっただけであれば、再度チャンネルを作成して収益化することが可能ですが、アドセンスが停止されてしまった場合、再度チャンネルを作成して収益化することはできません。

YouTubeを収益化する際には、YouTubeのアカウントだけでなく、Googleアドセンスのアカウントが無効にならないように注意しましょう。