YouTube

YouTubeでタグとハッシュタグを設定する方法と注意点を解説

こんにちは。

会社が嫌過ぎて自殺手前うつ病患者だった@SYUです。

皆さん動画をYouTubeに投稿するときには

「動画のクオリティやタイトル、サムネイルにはこだわっている」

という人は多いでしょう。

しかし、それだけでは足りません。

より早く大きく収益化に成功したいならタグにもこだわる必要があります。

この記事ではYouTubeの収益化のために知りたいタグに関して、情報を一通り紹介するので参考にしてください。

ハッシュタグとタグは違う

かなり重要なことなので初めに解説しておきたいのが、ハッシュタグとタグは違うということです。

YouTubeでは以前からあったタグに加えて2018年からは試験的にハッシュタグの機能を追加しました。

YouTubeに昔からあったタグ機能は動画を見る時に表示されませんがハッシュタグ機能は表示されます。

そのためハッシュタグ機能とタグ機能を混同してしまうかもしれません。

このページでは従来のタグ機能の使い方もハッシュタグ機能の使い方も説明します。

混同しないように注意してください。

要点まとめ

従来からあったのがタグ、新しくできたのがハッシュタグ。

タグ機能とは

YouTubeのタグ機能はその動画のジャンルを簡単にYouTubeに判別させるための道具です。

例えば釣りに関する動画があれとします。

その動画に「釣り」というタグを付ければYouTubeはその動画が「釣り」についてだと理解します。

(タグを使わなくてもタイトルや説明文など複数の要素からYouTubeはその動画が釣りに関する動画だと判別します。

しかしタグをつけることでYouTubeはより強い確信をもってその動画を釣りに関する動画だと判別できるようになります。)

ここで「YouTubeに判別させるため」と限定して書いたのにはわけがあります。

動画についているタグはツールを利用しないと確認できません。

そのため一般の視聴者がその動画のジャンルを知るためには役立たないからです。

視聴者の利便性を向上させるためでなくYouTubeのためにタグは設定します。

要点まとめ

タグは関連動画の表示に役立つ。

タグを入れるメリットとデメリット

YouTubeで投稿する動画にタグを入れるのにはメリットもありますがデメリットもあります。

そこで、ここではそのメリットとデメリットを紹介していきます。

関連動画に表示されやすくなる

YouTubeの動画にタグを入れるメリットは関連動画に表示されやすくなることです。

YouTubeの他の情報発信媒体よりも強い点としてよく指摘される点があります。

YouTubeというプラットフォームには既に多くの人が集まっていることです。

ブログやサイトを人に見てもらうためには人を1から集めないといけません。

しかしYouTubeなら話は別です。

YouTubeが人を集めてくれます。

人気動画に関連動画として動画を表示させられれば、自分の動画も見てもらいやすいわけです。

ただしこれは裏を返せば

「人気動画の関連動画として自分の動画を表示できなければYouTubeの強みを活かすことができない」

ということでもあります。

ある動画の関連動画としてどの動画を表示させるかという仕組み(アルゴリズム)には複数の要素が関わっていると考えられています。

そしてその要素の1つがタグというわけです。

そのため効果的なタグを使用することで人気動画の関連動画として表示させることで再生回数を増やすことができます。

タグのデメリット

ルールを守って効果的に使用している限り、タグの使用にデメリットはありません。

しかし、ルールを守らなかったり昔流行ったタグの付け方を真似したりすると危険です。

ペナルティーを受ける可能性があります。

動画が削除されてしまう可能性もありますし、アカウント停止の可能性も否定できません。

この後にタグを設定する時の注意点を紹介するので、アカウント停止にならないように参考にしてください。

タグを設定するときの注意点

タグを設定する時にはいくつか守らないといけない注意点があります。

説明するので、タグを設定する時の参考にしてください。

タグは10個程度が最適?

以前はYouTubeの規制が全体的に緩かったです。

タグの個数に関しての規制はなく何個でもつけることができました。

しかも特に自分の動画のジャンルと関係ないタグでもつけることが可能だったようです。

再生回数を稼ぎたい投稿者が例えば「怖い話」の動画に「スポーツ」や「料金」などのタグをつけることもありました。

昔はスポーツの関連動画としてスポーツというタグがついただけの、内容はスポーツと関係ない動画が関連動画として表示されていました。

もちろんスポーツの動画に怖い話を関連動画として表示させてもクリック率は低いです。

しかしそれでも再生回数の上昇に寄与します。

しかし2018年現在ではYouTubeの動画表示に関するアルゴリズムは進化しています。

そのため「怖い話」に「スポーツ」というタグが付いていてもいけません。

他のスポーツ動画の関連動画にスポーツタグがついた怖い話が関連動画として出ることはありません。

上でタグをつけることでYouTubeはより強い確信をもってその動画を釣りに関する動画だと判別できるようになると説明しました。

あくまで、YouTubeは動画の内容を判別するためのプラスアルファに使っているに過ぎずません。

そのためタグだけで動画の内容をYouTubeに誤認させることはできなくなったわけです。

現在でもタグはいくつもつけることができます。

しかしもし今タグを大量につけると、スパム動画として動画の削除やアカウント停止の原因になります。

YouTubeは公式に15個を超えるタグを動画につけると全てのタグが無視されます。

また動画が削除されることがあると発表しています。

そこで問題になるのが「じゃあタグは何個が最適なの?」ということです。

この疑問に関しては様々な人が様々な意見を言っています。

しかし10個程度が最適だという人が一番多いです。

2個や3個じゃ少なすぎるしかといって10個を超えて入れると動画の内容と関係性の薄いタグを入れてしまいかねません。

関連性の高いタグをしっかり厳選して、10個以下のタグを入れるようにしましょう。

要点まとめ

タグを使過ぎるとスパムと判断され、最悪の場合にはアカウント停止。

コミュニティガイドラインを守る

タグの設定時にはもう1つ注意点があります。

動画の内容がコミュニティガイドラインを守ったものであれば、自ずとタグもコミュニティガイドラインに沿ったものになるものです。

しかし、動画同様にタグもコミュニティガイドラインをしっかり守ったものを利用するということを忘れないようにしてください。

タグのパクリをしない

YouTubeの規制が緩かったころはタグのパクリが流行ってました。

再生回数の多い(伸びている)動画のタグを見てそのタグをコピーして動画のタグにするというものです。

この手法は今の大物YouTuberも利用していた、本当に再生回数を稼ぐのに役立っていた手法です。

しかしこの手法は今では役立ちません。

今ではタグのパクリをして人気動画の関連動画として表示させようとする行為は、スパム行為として捉えられる可能性があります。

YouTubeがスパム行為だと判断した場合、悪質なユーザーとしてアカウント停止されてしまう可能性も否定できません。

同じジャンルの人気動画で使用されているタグを分析するのは非常に重要ですが、パクリは危険です。

タグの確認方法

2014年までは動画のタグは基本的に公開されており、そのままYouTub上で簡単に確認できました。

しかし2014年以降はその方法では確認できなくっています。

タグを丸パクリするのはいけませんが人気動画のタグを参考にするのは、非常に重要です。

そこで、ここではYouTubeのタグを確認する方法を紹介していきます。

いくつか紹介するので自分でやりやすそうだと思った方法を実践してください。

VidIQの拡張機能

YouTube検索や検索エンジンで

  • 特定のキーワードで検索されたときに
    どのような順番で動画を表示するか 
  • ある動画を見ている視聴者に
    どのような順番で関連動画を表示するか

など全ての順番はYouTubeのアルゴリズム上で動画やチャンネルが点数化されその点数によって変わります。

その点数を知るために作られたのがVidIQというYouTube公認のサービスです。

その他VidIQを使うと、以下について確認できます。

内容 説明
独自の評価スコア ある動画の関連動画やおすすめ動画、検索における表示のされやすさを、様々な指標から独自のスコアに表したもの。
1時間あたりの視聴数 バズっている動画の勢いを知るために役立つ指標
視聴者数 Youtube上の視聴者数と同数。
チャンネル登録者数 Youtube上のチャンネル登録者数と同数
Facebookでのいいね!数 Facebook上でのいいね!数
Facebookのシェア数 Facebook上でのシェア投稿数
Facebookのコメント数 Facebookのコメント上でURLが言及された総数
Youtubeの高評価数 Youtube上での高評価数と同数。
Youtubeの低評価数 Youtube上での低評価数と同数。
Youtubeのコメント数 Youtube上でのコメント数と同数
ツイート数 動画のURLを含むツイートがされた総数
Redditの投票数 海外向けのソーシャルブックマークサイトのRedditの投票数。参考にする海外の動画選びに利用可能
Google+1の+1数 動画がぐぐたすで+1された総数。
説明文のワード数 説明文の長さ。少ない場合は説明が不十分かもしれません。
動画音声をもとにした1分あたりの単語数 自動文字起こしの場合、正確な数はでないが、字幕が成果に作用しているかの判断に利用可能。人気のある動画は1分あたり220程度だという。
投稿されてからの経過時間 投稿されてからの経過時間。
投稿者の動画のおすすめ表示数 Youtubeの右ページでおすすめされている動画のうち、その投稿者の動画の数
真のエンゲージメント率 YouTubeやソーシャルでの
動画のタグ その動画につけられているビデオタグ。

詳しくはVidIQの記事を参考してください。

Social Blade

Social Blade(ソーシャルブレード)はYouTube動画の統計情報を公開しているサイトです。

英語サイトであるため日本人の利用者は多くないようですが、操作は簡単なので英語が苦手な人でも利用できます。

Social Bladeではプラグインを使用するとタグが確認可能です。

統計情報を知りたいチャンネルの正式名称を検索窓に入力すると以下の情報も確認できます。

UPLOADS=アップロードした動画数
SUBSCRIBERS=チャンネル登録者数
VIDEO VIEWS=動画の視聴回数
COUNTRY=国
CHANNNEL TYPE=チャンネルの属性
USER CREATED=チャンネル開設日
TOTAL GRADE=チャンネルの品質
SUBSCRIBER RANK
=チャンネル登録者数のランキング(世界ランク)
VIDEO VIEW RANK=動画の視聴回数のランキング
VIES FOR THE LAST 30 DAYS=直近30日の再生回数
SYBSCRIBERS FOR THE LAST 30 DAYS
=直近30日のチャンネル登録者数
ESTIMATED MONTHLY EARNINGS=1ヶ月の推定収益
ESTIMATED YEARLY EARNINGS=1年間の推定収益

Social Bladeでは直近30日の再生回数も確認できます。

まだそれほど大きくない直近30日のチャンネル登録者数が多いチャンネルを参考にしてください。

効果的に自分のチャンネルを成長させることができます。

ソースを表示

一番シンプルな方法はソースを表示することです。

タグを見たい動画を開いて右クリックすると「ページのソースを表示」という選択肢が表示されます。

クリックするとページのソースが表示されるので「ctrl+F」でページ内検索窓を開き「keywords」で検索しましょう。

ページ内に2箇所「keywords」がでてきます。

2つ目の「keywords」に続いている単語がその動画のタグです。

Tags for YouTube

ブラウザでChromeを使っている人はTags for YouTubeを使うことでも動画のタグを確認することができます。

リンクを開くと次のような画面になります。

「Chromeに追加」を押しましょう。

そうすると「Tags for YouTube™を追加しますか?」というダイアログがでます。

「拡張機能を追加」をクリックしてください。

これで拡張機能が使えるようになりました。

後はYouTubeで動画の説明文を見ればタグを確認できるようになっています。

タグの設定方法

ここからは最後にタグの設定方法を紹介します。

基本的な設定方法

まずはクリエイターツールを開いてください。

そうすると自分のチャンネル上の動画が表示されます。

その中からタグを設定したい動画を見つけてください。

そして動画の右側の「編集」というボタンをクリックしてください。

そうすると動画の編集画面になります。

1つのキーワードを入力してエンターを押すことで1つのタグとして入力可能です。

キーワードを1つ入力してスペースを押してから別のキーワードを入力してください。

キーワードを入れ終わったところでエンターで複数のキーワードから構成される複合キーワードがタグにできます。

複数のキーワードを入力したい場合キーワード(複合キーワード)の間に「,」を入れましょう。

毎回エンターを押さずに一気にタグを設定できます。

初心者は複合キーワードをタグにする

怖い話の動画のタグを例にします。

「怖い話」という単一キーワードのタグは「怖い話 夏」という複合キーワードのタグよりも使用している動画が多いです。

そのため「怖い話」のタグを設定した方が多くの動画の関連動画として表示されます。

しかし多くの動画のタグとして利用されているということは、ライバルが多いということでもあります。

チャンネルが小さく再生回数を稼げていない状態で欲を出してライバルの多い単一キーワードのタグを利用するとどうでしょう。

どの動画の関連動画としても表示されなくなってしまいます。

そのため関連動画として表示できてもリターンは少し小さいものの関連動画として表示しやすい複合キーワードのタグを使うべきです。

単一キーワードに挑戦するのはチャンネルが育ってからにしましょう。

ハッシュタグ機能とは?

ここまではYouTubeのタグ機能について解説してきました。

そのタグ機能と少し似ているのがハッシュタグ機能です。

タグ機能もハッシュタグ機能も動画のジャンルや属性について説明するものであることには変わりありません。

しかし、違うのが使う人です。

タグはある動画の関連動画を決めるためにYouTubeが利用しています。

視聴者が直接的に利用することはありませんでした。

一方、ハッシュタグは視聴者が直接利用することができます。

「#」がついたハッシュタグは視聴者がそのハッシュタグを使ってYouTube検索可能です。

またある動画についているハッシュタグをクリックすると同じハッシュタグの動画を表示できるのです。

なおハッシュタグの設定時にはいくつか注意点がありますが、タグ設定時の注意点とほとんど変わりません。

上のタグを設定するときの注意点を参照してください。

要点まとめ

ハッシュタグを使うと視聴者はハッシュタグ検索やハッシュタグを使って同ジャンルの動画を確認できる。

ハッシュタグを利用する大きなメリット

ハッシュタグの利用にはタグの利用と同様に

「使い方を間違えるとスパムを判断され最悪の場合はアカウント停止になる」

というデメリットもあります。

しかし、ハッシュタグを利用することによるメリットは非常に大きいです。

タグは関連動画として表示するのに役立ちます。

しかし利用者の多いキーワードではライバルが多いです。

視聴者や視聴時間など様々な要素で関連動画として表示する優先度が変わります。

そのためチャンネルが育つまでは、関連動画として表示させるのは簡単ではありません。

しかし、ハッシュタグ検索やハッシュタグをクリックすると投稿日時が新しいものが優先的に表示されます。

そのためチャンネルが育ってなくても視聴者への露出を増やすことが比較的容易です。

チャンネル開設初期から再生回数を上昇させるのに大きく寄与する可能性があるのがハッシュタグの大きなメリットでしょう

要点まとめ

ハッシュタグを使うと自分の動画の視聴者への露出を増やすことができる。

ハッシュタグの設定方法

ハッシュタグを動画のタイトルや説明文、コメント欄に設定するのは難しくありません。

#の後にキーワードを入れるだけです。

(タイトルにハッシュタグが入っていない場合、説明文に使用されているハッシュタグのうち最初の3つがタイトルの上に表示されます。)

設定方法は「#○○」というようにキーワードの前に「#(半角)」を入れるだけです。

またタグ同様にハッシュタグも複合キーワードを利用できます。

複合キーワード利用の場合、スペースを入れずにキーワードを連続して入力してください。

まとめ

この記事ではYouTubeで再生回数を増やすのに欠かせない、タグとハッシュタグに関して解説してきました。

この記事を参考にタグやハッシュタグを効果的に利用してください。

再生回数を増やしていくことができるはずです。

大抵の場合、タグやハッシュタグの設定は動画を作成した後の最後の段階に行います。

疲れて手抜きしてしまいそうな気持ちを理解するのは難しくありません。

しかし、この最後のひと手間が収益化にかかる時間や収益の大きさを左右します。

ぜひタグやハッシュタグを利用して収益化に成功しましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください