FX

SvoFXのパートナーシップ(IB)とは?メリットとデメリットを紹介

SvoFXは最近になって運営を開始した超新生のブローカーですが、SYUは注目しています。

その最大の理由はSvoFXには、充実したパートナーシップ制度(IB)があるからです。

このページでは、SvoFXのパートナーシップ制度について紹介していきます。

先取り結論

SvoFXは知名度が低く、運営歴が短いため信頼性がまだ低いという短所があります。

しかし継続的に報酬をもらうことができる仕組みが充実しているほか、現在はライバルが少ないため、利益が比較的出しやすいです。

そのため堅実にFXアフィリエイトを行ないたい方におすすめします。

SvoFXのパートナーシップ(IB)とは?

SvoFXのパートナーシップはIB(イントロデューシング・ブローカー)とも呼ばれます。

名前の通りSvoFXをサイトやブログ、SNSなどを介して紹介し、新しくトレーダーがSvoFXでトレードを開始すると、報酬(リベート)を受け取ることができるという仕組みです。

パートナーシップはアフィリエイトの1種とも言えますが、通常のアフィリエイトとは異なります。

通常のアフィリエイトは、商品の購入時やFXの口座開設時に1度報酬を受け取ったきりです。

しかしSvoFXのパートナーシップでは、紹介したトレーダーが継続的にトレードを行えば、継続的に報酬を受け取ることができます。

SvoFXのパートナーシップを利用するメリット

ここからはSvoFXのパートナーシップを利用するメリットを紹介していきます。

トレーダーとwin-winの関係を築くことができる

通常のアフィリエイトの場合、商品の購入時や口座の開設時などに報酬を受け取った後は、報酬が発生することはありません。

そのため酷いアフィリエイターの中には、よくないと知っている商品やFX会社などをおすすめする方も多いです。

その結果、アフィリエイターはトレーダーを騙し、トレーダーはアフィリエイターを疑うという、win-winの関係とはかけ離れた関係性になってしまいます。

しかしSvoFXのパートナーシップは、トレーダーが継続してトレードを行うことにより、報酬を継続的に受け取ることができます。

仮にアフィリエイターが質の低いブローカーを紹介し、トレードには至らなかったり、1回や2回のトレードで利用を辞めてしまえば、利益になりません。

そのため継続したトレードを期待できる、本当に質の高いブローカーを紹介します。

SvoFXであれば、パートナーは報酬を受け取ることが可能で、トレーダーは質の高いブローカーでトレードすることが可能です。

そのためwin-winの関係を築くことが可能です。

なお他のブローカーのパートナーシップ制度同様、パートナーに支払われる報酬は、SvoFXのスプレッドから支払われるため、トレーダーに対するマイナスは一切ありません。

パートナーシップによる報酬(IB報酬)が高額である

パートナーシップ制度を提供しているブローカーは多いですが(ブローカーによって名称は異なります)、多くのブローカーでは、トレーダーが1lotトレードする度に支払われる報酬単価は、6ドル程度を上限とすることが多いです。

XMTradingはIB報酬(パートナーシップ報酬)が非常に充実していることで有名ですが、それでも最高額は10ドルとなっています。

一方でSvoFXのパートナーシップ報酬は下画像のように、なっています。

タイトルは取引ロット数によって異なり、1lotあたり12ドルの報酬を受け取れるVIPタイトルを獲得するためには、5,001lot以上のトレードが必要になります。

そのうえ1度タイトルを獲得しても、3ヶ月維持できなければ、降格となってしまうため、上位タイトルを継続するのは非常に難しいです。

ほとんどの場合は、LEVEL3程度までになるでしょう。

しかし上限が大きいため、いくらでも上を目指すことができます。

仮にLEVEL5やVIPになれば、SvoFXのパートナーシップから得ることができる利益は莫大です。

(通常タイトルによって報酬額が変動するFX会社の場合、紹介したトレーダーの取引量によって、タイトルが変わることが多いです。

しかしSvoFXの場合、パートナー本人の取引量によってタイトルが変わることに注意しましょう)

サブアフィリエイト制度がある

通常のパートナーシップ制度(IB)は、他のトレーダーにブローカーを紹介することで、利益を得る仕組みでした。

一方サブアフィリエイトは、他のアフィリエイターにブローカーのアフィリエイトを紹介することで、報酬を得る仕組みです。

サブアフィリエイトを行うには、ブログやサイト、SNSでアフィリエイトのやり方を紹介してアクセスを集め、SvoFXのパートナーシップ制度を紹介します。

そうすると、そのサイトやブログ、SNS経由で登録したパートナーが受け取る報酬の一部に相当する額を、サブアフィリエイト報酬として受け取ることが可能です。

当然サブアフィリエイト報酬の分、紹介したアフィリエイターのパートナーシップ報酬が減るわけではないため、利益が相反することはありません。

なおSvoFXのサブアフィリエイトの報酬は前述のタイトルによって異なる差額システムを採用しています。下画像は差額システムを図にしたものです。

例えば紹介したパートナーがLEVEL3で、LEVEL1のトレーダーをSvoFXに紹介していたとしましょう。

この場合、

  • LEVEL3のパートナーがトレードを行なった分
  • LEVEL5のパートナーがもらうことができるパートナーシップ報酬

から、

  • LEVEL3のパートナーがもらうことができる報酬額

を引いたものが、LEVEL5のパートナーが受け取ることができるパートナーシップ報酬になります。

少し複雑なため、パートナーがそれぞれLEVEL1〜5だった場合と、VIPだった場合の報酬をシミュレーションして紹介するので参考にしてください。

パートナーがLEVEL1だった場合

パートナーがLEVEL1で、直接紹介したトレーダー(直トレーダー)が3人いるとします。

そしてそれぞれ10lotのトレードを行なったとすると、3人×10lot×4ドルで合計120ドルの報酬を受け取ることができます。

海外FX会社では、高lotのトレードをするトレーダーも多いです。

トレーダー1人あたり10lot以上の取引を行なってくれる可能性は十分にあります。

そのため実際には3人も紹介できれば、120ドルよりも多くの報酬を受け取ることができることも多いでしょう。

パートナーがLEVEL2だった場合

LEVEL2のパートナーの下に、

  • 5人の直トレーダーを持つLEVEL2のパートナー1人
  • 3人の直トレーダーを持つLEVEL1のパートナー2人
  • 直トレーダー6人

がいるとします。

そしてトレーダー1人あたりの取引量は1lotとします。

直トレーダーとなる4人のトレードから得られる報酬は、「6ドル×90lot」で540ドルです。

そしてサブアフィリエイト報酬は「(6ドル-4ドル)×60ロット=120ドル」という式から求めることができ、パートナーシップ報酬とサブアフィリエイト報酬の合計額は660ドルとなります。

なおLEVELが同じである場合、サブアフィリエイト報酬を受け取ることができないことに注意しましょう。

上画像でLEVEL2のパートナーの下に、LEVEL2のパートナーがいますが、サブアフィリエイト報酬は発生していません。

パートナーがLEVEL3だった場合

今回はパートナーがLEVEL3で、その下にそれぞれ

  • 20人の直トレーダーを持つLEVEL2のパートナー3人
  • 直トレーダー12人

がいたとします。

この場合のパートナーシップ報酬は、「8ドル(LEVEL3の報酬単価)×(10lot+10lot+10lot+120lot)」=1,200ドルです。

そして受け取ることができるサブアフィリエイト報酬は、「3人×(8ドル-6ドル)×200lot」より1,200ドルとなります。

その結果、報酬の合計は2,400ドルです。

パートナーがLEVEL4だった場合

今回は、パートナーがLEVEL4で、その下に

  • LEVEL3のパートナー2人(それぞれ90人の直トレーダー)
  • LEVEL2のパートナー1人(20人の直トレーダー)
  • 直トレーダー24人

がいる場合のシミュレーションです。

受け取ることができるパートナーシップ報酬は、「10ドル(LEVEL4の報酬単価)×270lot」より2,700ドルです。

そしてサブアフィリエイト報酬は、「2×(10ドル-8ドル)×900lot+(10ドル-6ドル)×200lot」より、4,400ドルとなります。

その結果、LEVEL4のパートナーが受け取る合計報酬は、7,100ドルです。

パートナーがLEVEL5だった場合

パートナーがLEVEL5で、下に

  • LEVEL4のパートナーが1人(直トレーダー240人)
  • LEVEL3のパートナーが2人(それぞれ直トレーダー90人)
  • 直トレーダー48人

がいます。

この場合に発生するパートナーシップ報酬は「11ドル(LEVEL5の報酬単価)×510lot」より5,610ドルとなります。

そして受け取ることができるサブアフィリエイト報酬は「(11ドル-10ドル)×2400lot+2×(11ドル-8ドル)×900lot」より7,800ドルです。

そのため報酬の合計額は13,410ドルとなります。

これだけ多くの直トレーダーと、パートナーを獲得するのは簡単ではありません。

しかし一度獲得してしまえば、継続的に同水準の報酬を受け取れる可能性が高いため、非常に大きな利益になるでしょう。

パートナーがVIPだった場合

最後にパートナが最もタイトルが上位のVIPだった場合のシミュレーションをします。VIPの下にいるのは、

  • LEVEL5のパートナー1人(直トレーダー450人)
  • LEVEL4のパートナーが2人(それぞれ直トレーダー240人)
  • LEVEL3のパートナーが1人(直トレーダー90人)

です。

今回は直トレーダーはいないため、直トレーダーの取引に応じてもらえるパートナーシップ報酬はありません。

そして発生するサブアフィリエイト報酬は「(12ドル-11ドル)×4,900lot+2×(12ドル-10ドル)×2,400lot+(12ドル-8ドル)×900lot」より18,180ドルとなります。

このシミュレーションのように、利益を得るためには、自身が5,001lotのトレードを行う必要があります。

さらにサイトやブログ、SNSを通したSvoFXのパートナーシップの紹介に相当な労力をかけなければ、達成は不可能です。

しかし達成することができれば、日本でも上位1%以上の収入となります。

ソーシャルトレードを利用できる

SvoFXではソーシャルトレードを利用できます。

ソーシャルトレードは、コピートレードの1種です。

SvoFXに登録しているトレーダーを選んでフォローすることで、そのトレーダーと同様のトレードができます。

腕の良いトレーダーを見つけることさえできれば、裁量トレードに関する知識がなくても利益を出すことが可能です。

そのため外国を中心に流行っており、第3のトレード手法だとされることもあります。

ただ現在日本国内でソーシャルトレードを利用できるブローカーは少ないです。

またソーシャルトレードを利用できるブローカーでも、ソーシャルトレード口座ではIB報酬(パートナーシップ報酬)をもらえないケースや、もらえるIB報酬が著しく少なくなるケースもあります。

しかしSvoFXはソーシャルトレード口座でも、通常通りのパートナーシップ報酬を受け取ることが可能です。

ソーシャルトレード口座を利用し、腕の良いトレーダーを見つけた利用者は、継続的にトレードを行う確率が高いでしょう。

そのため継続的にパートナーシップ報酬を受け取ることができます。

またソーシャルトレードは、FX初心者にもおすすめしやすいため、アフィリエイトの難易度が低いです。

先行者利益を狙うことができる

XMTradingやiFOREX、TitanFXなど、報酬が充実しており、知名度が高く紹介しやすいためアフィリエイターに人気の海外ブローカーはいくつか存在します。

しかし有名な海外ブローカーの場合、すでにアフィリエイトに取り組んでいるアフィリエイターが非常に多く、競争が激しいです。

海外ブローカーを紹介するアフィリエイターの多くは、サイトやブログを作成し、SEO対策を行いGoogleで上位表示を狙います。

しかし有名ブローカーは、競争が激しいため、今から始めても上位表示するのは難しいです。

一方でSvoFXの場合、運営歴が短くアフィリエイトを行なっているアフィリエイターが少ないため、競争が緩く、今からでも上位表示し、先行者利益を狙うことができます。

前述の通り、SvoFXは日本国内でソーシャルトレードを提供している数少ない会社の1つです。

ソーシャルトレードが日本国内で浸透すると同時に、今後人気が高くなっていく可能性があるため、今のうちから初めておくと良いでしょう。

SvoFXのパートナーシップ制度のデメリット

SvoFXのパートナーシップ制度にはメリットもありますが、デメリットもあります。

SvoFXは知名度が低い

SvoFXは最近できたばかりのブローカーのため、知名度が低いです。

前述した通り知名度が低いからこそ、ライバルが少なく今からでも利益を狙っていくことができます。

しかし知名度の低さゆえに、多くのトレーダーを今すぐに紹介して、大きな利益を得るというのは難しいです。

一般的にサイトやブログのウェブページのCV率(ウェブページにアクセスしたユーザーが商品購入や口座開設に至る確率)は、1%程度だと言われています。

例えばXMTradingに関連するキーワードである「XM」でGoogleの検索順位1位で表示できた場合の月間アクセス数は20万ほどです。

仮にXMのページにアクセスした1%の方が口座開設しトレードを行えば、1ヶ月あたり2,000人のトレーダーを紹介できることになります。

その結果、受け取ることができるパートナーシップ報酬は数百万〜数千万円に及ぶでしょう。

しかしSvoFXではいくら上位表示できても、XMTraidingほどの利益をもたらすとは考えにくいです。

運営歴が短く信頼性が高くない

SvoFXは2018年に運営を開始した超新生のブローカーです。

ベリーズライセンスを取得しているほか、運営会社である「SVODA GLOBAL MARKETS PTY LIMITED」はオーストラリア証券投資委員会のライセンスを取得しています。

そのため確かに、ライセンス上の安全性は高いです。

(日本人利用者にはオーストラリア証券投資委員会のライセンスは適用されません)

しかし運営実績という点では、他の有名どころの海外ブローカーと比較すると劣ります。

利用者が日本国内外問わず非常に少ないため、口座開設する前に利用者のレビューや口コミを見ることもできません。

その結果「なんか怪しそうだから、辞めとこう」となってしまう利用者は少なくないでしょう。

信頼性が欠ける分、トレーダーを紹介する難易度が少し高いです。

堅実にFXのアフィリエイトをやりたいならSvoFX

ここまでSvoFXアフィリエイトの概要とメリット、デメリットを紹介してきました。メリットとデメリットをまとめると以下の通りです。

メリット

  • トレーダーとwin-winの関係を築くことができる
  • パートナーシップによるリベート(IB報酬)が高額である
  • サブアフィリエイト制度がある
  • ソーシャルトレードを利用できる
  • 先行者利益を狙うことができる

 

デメリット

  • SvoFXは知名度が低い
  • 運営歴が短く信頼性が高くない

これらのメリットとデメリットを考慮した場合に、SvoFXがピッタリなのは、堅実にFXアフィリエイトを行ないたい方です。

確かに、SvoFXには知名度に欠けるため、興味を持っている潜在ユーザーが少なく、運営歴が短いため信頼性が低く、多くのトレーダーを紹介するのは難しいかもしれません。

しかしパートナーシップに参加しているアフィリエイターが少ないため、有名ブローカーのパートナーシップに比べて成果が出やすいです。

そしてSvoFXにはソーシャルトレードがあるため、継続したトレードが期待でき、莫大な利益を得ることはできなくても、毎月一定の報酬獲得を狙えます。

さらにSvoFXはサブアフィリエイト制度も充実しているのも重要なポイントです。

早いうちにパートナーシップに登録しましょう。

そして稼げるようになった後は、サブアフィリエイトに取り組みます。

そうすれば、利益を大きくすることが可能です。

SvoFXについては、以下の記事を参考にしてみてください。

またライン@でも質問をお受けしております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください