FX

SvoFXのソーシャルトレードなら「Jelico」で決まり?8月の運用実績公開

現在SYUが最も気に入って利用しているFX会社のSvoFXのソーシャルトレード。

実際にSYUがストラテジープロバイダーの「Jelico」をフォローして運用した結果をお見せします。

「SvoFXのソーシャルトレードって儲かるって聞くけど、実際どれくらい儲かるの?」と気になる方は参考にしてください。

【先取り結論】

先に結論を知りたい方に向けて、先に利益をお教えしてしまいます。

8月12日〜8月28日の17日間で、3,500ドルの証拠金が5,700ドルとなりました。

2,200ドルの利益となります。

SvoFXのストラテジープロバイダー「Jelico」とは?

SvoFXでは、登録するストラテジープロバイダーを厳選しており、誰でも登録できる訳ではありません。

そのため腕の良いトレーダーやEAがストラテジープロバイダーとして集まっています。

そんな中でも収益率が非常に高く、トップクラスの成績を誇っているのがストラテジープロバイダーの「Jelico」です。

Jelicoは7月末に登録したばかりのストラテジープロバイダーですが、1ヶ月ほどで100%ほどの利益を発生させており、フォロワーは現在トップ。

非常に優秀なストラテジープロバイダーです。

Jelicoの戦略

戦略:裁量/インディケータを駆使したトレード/比率ロットのみ可能/現有の残額とレバレッジを必ず参照しご自身の資金・レバに合わせて比率を設定して下さい/例 自己資金私の半分でレバ200倍⇒比率0.5倍

裁量とインディケータを利用したトレードのため、EAよりも急激な相場変動に対する対応力が高いです。

また比率ロットを推奨しているため、Jelicoの証拠金額に対する自分の証拠金額の割合に応じて、トレードの際のロット数が変化します。

Jelicoの証拠金が4,800ドルの現在、1,200ドルでフォロー開始すれば、証拠金がJelicoの4分の1のため、トレードするロット数も1/4となり、利益も1/4です。

Jelicoの基本スコア

Jelicoの基本スコアは以下の通りです。

  • 総ポイント:1,063.0ポイント
  • 総入金:$ 4,592.92
  • 現有の残額:$ 4,801.08
  • 総ロット:77
  • 総出金:-$ 4,600.00
  • 現有の自己資本額:$ 4,801.08
  • 総ストローク:360
  • 総信用入金:$ 0.00
  • 通貨単位:USD
  • 平均ポジション時間:14h 7min
  • 総信用出金:$ 0.00
  • トレーディングレバレッジ:1 : 200

基本スコアからわかるJelicoの特徴があります。

特徴とは、Jelicoは慎重なトレーダーである可能性が高いということ。

多くのストラテジープロバイダーは、小さな証拠金からはじめて、利益を増やすことで、証拠金を大きくしていきます。

一方でJelicoは最初から入金額が大きいです。

最初から入金額が大きければ、ハイレバレッジを利用してリスクを取らずに、利益を上げることができます。

Jelicoは平均ポジション時間が14時間ほどで、デイトレードを行なっているため、少しでもリスクを減らすために、多めに証拠金を入金していたのでしょう。

Jelicoの収益グラフ

Jelicoの収益と収益率をグラフにしたのが上画像です。

トレードを開始したのがごく最近のため、長期的な収益はわからないものの、トレード開始から1ヶ月ほど、綺麗な右肩上がりのグラフを描いて収益が発生しているのがわかります。

この後にも解説しますが、綺麗な右肩上がりと描いたグラフとなっているということは、負けるときは小さく、利益を出すときは大きく利益を出しているということです。

ソーシャルトレードの利用者の多くは「右肩上がりのグラフを描いているストラテジープロバイダーを選べ」と言います。

Jelicoを8月12〜8月28日フォローした結果

JelicoをSYU自身が8月12日から8月28日の間フォローした結果が、上の動画です。(これはリアル口座の履歴です)

証拠金が3,500ドルで、2,200ドルの利益が発生しました。

動画を見ていただければわかる通り、Jelicoは特別勝率が高いわけではありません。

ランキング上位のストラテジープロバイダーの中では、勝率が低い方の可能性もあります。

しかしJelicoは負け方が非常にうまいです。

よく確認してもらうとわかりますが、損失がたびたび発生しているものの、損失額を非常に低く抑えることに成功しています。

証拠金に対する損失額の割合をドローダウンと呼び、ドローダウンが20%以下だと優秀なトレーダーだとされることが多いですが、Jelicoのドローダウンは15%もないはずです。

ドローダウンが小さいということは、損切りができるということ。

優秀なストラテジープロバイダーが突如として大きな損失を出してしまうようなケースは、しばしば発生します。

Jelicoの場合はそのような破綻リスクがより小さいです。(当然リスクは0ではないことに注意しましょう)

Jelicoをフォローするなら今

Jelicoをフォローしていたおかげで、SYUは2週間ほどで、2,200ドルの利益を得ることができました。

まだまだJelicoは運用歴が長くないため、今後も100%稼ぎ続けることができるとは言えません。

しかし現在の実績を見る限り期待できそうです。

現在SvoFXのアカウントを持っていない方が、当サイトを経由して新しくアカウントを作成した場合、以下の特典を提供しています。

  • 私が運営元と直でやり取りをしているため(私の投資のメンターがこのソーシャルトレードのトップ)、いち早く、オススメなラインナップ情報を得られる。
  • 参加手順を丁寧にサポートしてもらえる
  • 情報共有コミュニティに参加できる。
  • アフィリエイトに際して集客コンサルを無料で受けられる

SvoFXのソーシャルトレードに興味がある方は、このチャンスを活かした登録をおすすめします。

質問等はライン@からお待ちしております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください