オススメ

マイニングエクスプレス(ME)のレンダリング事業について解説

マイニングエクスプレス(ME)は様々な事業を行っており、その中の1つがレンダリング事業です。レンダリング事業はマイニングエクスプレスの主要事業の1つであり、レンダリング事業が成功すれば、マイニングエクスプレスは大きな収益を得ることとなります。

マイニングエクスプレスが大きな収益を得れば、私たち出資者も大きな配当還元を得ることができるでしょう。そこで本記事ではマイニングエクスプレスのレンダリング事業について解説していきます。

レンダリングとは

レンダリングとは形成したCGなどの立体物に色や陰影、素材感などを付けることで、リアリティーを高めることです。物体を見る視点を仮定して遠近感を出す処理や、光源の位置を仮定して影をつけるシェーディング、表面の質感を定めるテクスチャマッピングなどを行います。

レンダリングは「映画・ドラマ」「アニメーション」「ビデオゲーム」などに限らず、工業プロダクトの製造にも利用されています。このように様々な業界において需要があるレンダリングの将来的な収益性はマイニング事業の100倍とも呼ばれています。

GPUを利用したマイニング

マイニングエクスプレスではイーサリアムなどの仮想通貨のマイニングを行います。その際に使用するのがGPU(Graphics Processing Unit)です。GPUはグラフィックコントローラーとも呼ばれ、リアルタイム画像処理に特化しています。

そしてGPU はレンダリングにも使用可能です。そこでマイニングエクスプレスはマイニングに使用しているGPUの一部をレンダリングにも使用します。

レンダリング事業の将来性

レンダリング事業の将来性がマイニング事業の100倍になる可能性があると説明しました。それはレンダリングビジネスの市場規模が今度大きく伸びることが予想されているからです。これまでもレンダリング市場は徐々に拡大しつつありました。

しかし近年はeスポーツ人気により市場が急速に拡大しつつあります。2024年までには市場規模は3兆円に達するという予測もあります。現在のビットコインとイーサリアムのマイニングの市場規模は約5,000億と約600億です。

これらの限られた市場規模の中で多くの企業が競争を行っている状況です。現状はマイニングで収益を得ることが可能です。しかしASIC耐性などにより収益が伸び悩む可能性があります。

しかしレンダリング事業は今後も市場が伸びるため、既にレンダリング市場でポジションを獲得している企業は先行者利益を得て、大きな収益を得ることができるでしょう。

マイニングエクスプレスは「アバター2」と契約を行っており、ポジションの獲得に成功しています。将来的には現在よりも大きな収益を得て、私たち出資者も大きな配当還元を得られるでしょう。

まとめ

本記事ではマイニングエクスプレスのレンダリング事業について紹介してきました。

レンダリングの市場規模は今度大きく伸びることが予想されており、既にアバター2と契約したりとレンダリング市場でポジションを獲得しているマイニングエクスプレスは、大きな収益を得ることに成功するでしょう。

そうなれば私たち出資者も大きな利益を得ることが可能です。気になった方はライン@からご連絡をお待ちしております。