FX

海外FX会社のIB報酬(アフィリエイト報酬)って何?儲かるの?

こんにちはSYUです。

このページでは海外FX会社のIB報酬とは何か、ASPアフィリエイトとの違い、違法性の有無を解説していきます。

先取り結論

  • IBは紹介したトレーダーがトレードを続ける限り継続的に報酬を受け取ることができ、ストック型報酬にもなり得るアフィリエイトです。
  • アフィリエイト登録の条件が厳しいFX会社が多く、ハードルが高いほか、案件選び次第では継続的に報酬を得られないケースもあります。
  • iFOREXやXM、SvoFXなどおすすめのIB案件はありますが、まずは様々なFX会社でアフィリエイト登録してみるのがおすすめです。

[toc]

IB報酬とは?

IBは「Introducing Broker」の略で、ブローカー(FX会社)を紹介することです。

そしてIB報酬は文字通り、FX会社を紹介することで得られる報酬を指します。

なお単にFXアフィリエイトと呼ばれることも多いです。

通常IBをはじめるにあたって、FX会社と新規FX口座開設およびトレードを促進して報酬を得るという契約を結びます。

FXアフィリエイトに対応している会社はこれまで多くありませんでしたが、現在はIBに対応している会社が増えました。

ASPアフィリエイトとIBの違いとは?

日本で一般的にアフィリエイトと呼ぶ場合はASPアフィリエイトを指すことが多いです。

ここではASPアフィリエイトとIBの違いを紹介します。なおFX会社が提供するCPA報酬はASPアフィリエイト報酬と同義です。

IBは継続報酬型

ASPアフィリエイトでは、サイトやブログ、メルマガ、SNSなどのページに貼られているリンクを経由して、新たに誰かが口座を開設した際に一定の報酬を受け取ることができます。

ASPアフィリエイトの報酬単価は高いものの、報酬を得られるのは1人を紹介するごとに1度だけです。

継続的に報酬を得られる訳ではありません。

一方でIBでは、自分が紹介した利用者がトレードを行う度に、FX会社が受け取るスプレッドの一部がIB報酬として紹介者に支払われます。

そのため1回のトレードごとに得られる報酬がASPアフィリエイトと比較して低くても、1人紹介するだけで長期的に大きい報酬を得ることが可能です。

IB報酬はストック型

ASPアフィリエイトも、サイトやブログが上位表示されており、継続的に紹介することが可能ならストック型の報酬ともいえます。

しかしサイトやブログは様々な要因で、順位が変わってしまい、継続的に人を紹介できなくなってしまう可能性があります。

継続的に人が紹介できなければ、報酬が一度しかもらえないASPアフィリエイトでは、貰える報酬が激減するでしょう。

しかしIB報酬は一度紹介した利用者が、トレードを続ける限り継続的に報酬をもらうことができます。

仮にブログやサイトの順位が落ちて新しく利用者を紹介することができなくとも、これまで紹介してきた紹介者のトレード分の利益を得ることが可能です。

そのためIB報酬はストック型の収入となります。

IBは案件選びが重要

ASPアフィリエイトでも案件選びは重要ですが、ASPアフィリエイトの場合、報酬の大小で案件を選ぶ方が少なくありません。

ASPアフィリエイトの報酬は一度だけのため、仮に本当に良い商品を紹介して継続利用してもらっても紹介者の利益とはならないからです。

しかしIBの場合は単純に報酬の高さで案件を選ぶことはできません。

仮に報酬が高いものの、FX会社としての質が低い会社を紹介してしまえば、紹介者はすぐに利用を辞めてしまい、継続的に報酬を受け取ることは不可能です。

一方で報酬が他のFX社よりも少なくとも、FX会社としての質が高い会社を選んで紹介すれば、紹介者の継続利用が期待でき、報酬を長期に渡って受け取り続けることができます。

IBは始めるハードルが高い

ASPアフィリエイトの場合、サイトやブログを作成し、簡単な審査を受けて審査に合格することで、サイトにバナーやリンクを貼ってアフィリエイトを開始できます。

ASPアフィリエイトの場合、一度ASPにサイトやブログを登録してしまえば、審査なしでも開始できる案件も多いです。

一方でIBの場合、海外FX会社とIB契約をする必要があります。

IB契約の際にはサイトやブログに一定以上のウェブページが存在し、アクセスがすでにあることを条件とする会社が多いです。

中には法人でないと契約できないという会社もあります。

これは一見IBのデメリットのように感じるかもしれませんが、IBを始めるハードルの高さはメリットの1つです。

ASPアフィリエイトのように、誰でも始めることができるアフィリエイトは参入者が多く、検索上位にサイトやブログを表示できても、すぐに他の方のサイトやブログに抜かされてしまう可能性があります。

一方でIB報酬の場合はハードルが高い影響で参入者が少なく、順位の移り変わりは激しくありません。

そのため一度稼げるようになれば、継続的に稼ぐことが可能です。

IBならサブアフィリエイトで稼ぐこともできる

実はIBは紹介した利用者がトレードを行うことで得られるIB報酬以外にもサブアフィリエイト報酬というものが存在します。

サブアフィリエイト報酬は、他のアフィリエイターにアフィリエイト案件を紹介することによって得られる報酬です。

例えばサイトでFX会社に関する記事を掲載し、FX会社に利用者を紹介すると同時に、IBについての記事を書くとします。

そしてその記事を参考にしたサイトやブログの読者がアフィリエイトパートナー用リンクを経由して、海外FX会社にアフィリエイター登録すると、

今後そのアフィリエイターが受け取るIB報酬の一部がサブアフィリエイト報酬として、支払われる仕組みです。

なおサブアフィリエイト報酬はFX会社から直接支払われるため、アフィリエイトパートナーとなった方(被紹介者)のIB報酬が減ることはありません。

海外FXアフィリエイトは違法なの?

IB報酬とGoogleで検索すると「ib報酬 違法」という関連するキーワードが表示されるため、IB報酬が実は違法なのではないかと心配する方もいるかもしれません。

しかしIB報酬を含む海外アフィリエイトは違法ではないため安心です。

そもそも海外FXアフィリエイトで違法性が疑われているのは、海外FX会社が日本でFXの営業をするためには、第一種金融商取引業者の登録が不可欠で、

その業者への勧誘活動を日本で行う者も第一種金融商取引業者の登録が不可欠とされているからです。

つまりFXのIBを行うのであれば、IBを行うアフィリエイターも第1種金融商取引業者の登録が必要なのではないかとされているということです。

しかし実際にはそもそも、海外FX会社も第一種金融商取引業者の登録を行なっていませんが、海外FX会社は金融商取引法違反となっていません。

それは「海外FX会社は日本で営業を行っておらず、公式サイトに日本語のサイトを載せたら、日本の利用者が自発的に口座開設をしに来ている」と解釈するからです。

同様に海外FXアフィリエイトを行うアフィリエイターも「サイトやブログに海外FXのサイトに関するコンテンツを載せたところ、勧誘の意図はないものの、自発的にサイトを通して口座開設に至った」と解釈するため、違法ではありません。

この解釈を関東財務局などは完全に認めているわけではありませんが、この解釈を根拠に、多くの方が海外FXアフィリエイトを行っているのが現状です。

IB報酬を得る実践方法

IB報酬を得るためには、FX会社に利用者を紹介しなくてはなりません。

FXに興味を持っている知り合いに紹介するという方法もありますが、それでは人数に限りがあり、非効率的です。

ここではIB報酬を得る実践方法を紹介します。

ブログやサイトで情報発信をする

このサイトでも実践しているように、ブログやサイトを利用して情報発信を行いましょう。

SEOの勉強の必要がありますが、ブログやサイトを検索上位に表示すれば、それほど順位が落ちることはありません。

(Googleの検索アルゴリズムの変動などの際を除きます。)

継続的に稼ぎ続けることが可能です。

なお一般的にサイトにアクセスされ、商品の申し込みに繋がる確率(CV率)は1%だといわれています。

例えばXMに関するサイトに毎月アクセスが10,000あれば、100人程度が口座開設してくれる計算です。

それが半年続けば、紹介者は合計600人となっており、紹介者が1ロットトレードするごとに10ドルのIB報酬となります。

1人あたり月に1ロットだけでもトレードしてくれれば、60万円程度の収入です。

twitterでフォロワーを集める

以前はブログやサイトをGoogleで検索上位に表示するSEOが最も有力な方法でした。

しかし多くの方が、SEOでサイトやブログを検索上位に表示して、利益を得ようとしたため、ンターネット上には信頼できないサイトも増えてきているのが現状です。

そのためブログやサイトで様々な情報発信をしている方よりも、twitterなどで情報を実際にトレードを行っている「生身の人間」らしい情報発信者の方が信頼を得られる傾向があります。

twitterでトレード状況などについてツイートしてフォロワーを集めつつ、収益やトレード方法をライン@などで配信し、その代わりに自分のリンクから口座開設をお願いするという手法が王道です。

しっかりと勝ち方を教えてあげる

IB報酬はASPアフィリエイト報酬とは異なり、紹介者がトレードを続ける限り、継続的に報酬を受け取ることができるのが、大きな魅力です。

しかし勝ち方を教えてあげることができなければ、初回入金分がなくなってしまえば、それ以降はトレードをすることはないでしょう。

そうなれば、結果としてASPアフィリエイト同様に、継続的に報酬を受け取ることはできません。

口座開設してもらうことをゴールとするのではなく、口座開設後にトレードを継続してもらうことをゴールにしましょう。

組織化も検討する

ブログやサイト、twitterなどでロイヤリティーの高いファンを作ることに成功すれば、組織化を検討しても良いでしょう。

現在トレードのみで収益を得ている被紹介者にIB報酬で利益を得るという新しい選択肢を提示します。

その場合、トレードだけでなく、紹介の方法などについても共有する必要があり、面倒に感じるかもしれません。

しかしサブアフィリエイト報酬を提供している会社を利用すれば、被紹介者が新しく被紹介者を紹介し、

さらにその被紹介者が他の被紹介者を紹介しというように、どんどんサブアフィリエイト報酬が大きくなっていきます。

IBを始めるのにおすすめのFX会社は?

IB報酬を提供している海外FX会社は複数存在します。

その中からおすすめの会社3社をランキング形式で紹介します。

第3位:iFOREX

iFOREXは日本での運営歴が、20年を超えている老舗海外FX会社です。

iFOREXのアフィリエイトには、CPA報酬のみのプランとCPA報酬+IB報酬のプランがありますが、CPA報酬+IB報酬のプランをおすすめします。

実はiFOREXはIB報酬が最大でも1ロット10万通貨あたり6ドルであり、サブアフィリエイトが存在しないため、報酬単価で考えれば、魅力的な案件とは言えません。

しかしこれからIBアフィリエイトを始める初心者の方が重視するべきなのは単価の大小よりも「紹介できるかどうか」です。

IB報酬を提供しているFX会社には他に「is6com」「Gemforex」「XLNTrade」などがありますが、いずれも知名度が高くありません。

これらの知名度の低い会社に口座開設するのは心理的ハードルが高く、口座開設してもらうのが難しいです。

一方でiFOREXは、誰でも聞いたことがある有名FX会社です。さらに以下のような魅力を持ちます。

  • ドル円やユーロドルのスプレッドが激狭
  • 最大レバレッジ固定400倍!
  • ロスカット水準0%
  • bitwallet対応で入出金手数料が安い
  • 運営歴20年間の安心感
  • ボーナスが豊富で特徴的なサービスあり
  • 口座開設が非常に簡単

これらの長所をわかりやすく伝えることができれば、比較的簡単に口座開設してもらうことができます。

第2位:XM

XMを利用したアフィリエイトは非常に人気があります。

それもそのはず、XMは日本で一番人気の海外FX会社であり、口座開設のハードルが低くく、XMのIB報酬は非常に報酬額が大きいからです。

IB報酬は紹介したアクティブユーザー数により変動します。

  • 1人〜2人:1ロット10万通貨あたり3ドル
  • 3人〜10人:1ロット10万通貨あたり7ドル、
  • 11人〜30人:1ロット10万通貨あたり9ドル
  • 31人以上:1ロット10万通貨あたり10ドル

これは月に紹介した人数ではなく、累計の数字です。

例えば毎月6人紹介して、5人ともトレードを続けてくれれば、半年後にはアクティブユーザーが36人になります。

そうすれば1ロットあたり10ドルもの高額報酬を受け取ることが可能です。

またXMはサブアフィリエイトを提供しており、自分が紹介したアフィリエイターが受け取る報酬の10%を受け取ることができます。

(もちろん10%分自分が紹介したアフィリエイターの報酬が減るわけではありません。)

例えばXMに関するサイトを作成し、IB報酬を受け取れるようになったあとで、XMアフィリエイトでの利益の出し方に関する記事を書き、

そこからサブアフィリエイトに登録してもらうことで、自分が受けとるIB報酬とサブアフィリエイト報酬の2つの報酬を受け取ることができます。

第1位:SvoFX

SvoFXは2018年から日本での運営を開始したFX会社です。

知名度が低く、運営歴の短さから信頼性が高いわけではないため「安心して口座開設できる」という点では前述のiFOREXやXMには劣ります。

しかしSvoFXのIBをおすすめするのには理由があります。

まず1つ目の理由は、SvoFXは新興FX会社であり、今のうちに始めればライバルが少ないからです。

確かにXMやiFOREXに興味を持っている方は多いため、XMやiFOREXのサイトやブログページを上位表示できれば、大きな収益につながるかもしれません。

しかし問題なのは、XMやiFOREXはライバルが多いため上位表示するのが難しいことです。

一方SvoFXは現状ライバルが少なく、今のうちにサイトやブログを充実させておけば、SvoFXが注目を集め始めた時に、大きな収益を狙うことができます。

そして2つ目の理由はソーシャルトレードを利用できることです。

現在海外を中心に流行っているソーシャルトレード。

登録しているトレーダーをフォローすることで、フォローしたトレーダーのトレードをコピーすることが可能です。(SvoFXではEAもフォローできます)

ソーシャルトレードでは、FX初心者の方でも、FXの知識や相場観がなくとも、優秀なトレーダーを見抜くことさえできれば、少ない手数料で利益を上げ続けることができます。

現状は日本人相手にソーシャルトレードサービスを提供している海外FX会社は少なく、今後ソーシャルトレードが日本に浸透するにあたってSvoFXが優位となる可能性は高いです。

SvoFXはその他にも最大レバレッジ888倍、ゼロカットあり、ライセンス取得済みという条件の揃ったFX会社です。

日本でもソーシャルトレードが流行る可能性は高いので、それを見越して今のうちに始めておくと先行者利益を狙うことができます。

3つ目の理由はSvoFXはIB報酬が高めに設定されていることです。

XMでは最低1ロットあたりから最高10ドルのIB報酬が設定されていますが、SvoFXは最低4ドルから最高12ドルの報酬が設定されています。

またSvoFXはサブアフィリエイト報酬の高さも特徴的です。

XMのサブアフィリエイトは1ロットあたり0.3ドルから1ドルでしたが、SvoFXは1ドルから最大8ドルまでのサブアフィリエイト報酬を受け取ることができます。

そして最後の理由はSvoFXは家族の口座を自分のIB用のリンクから作成し、運用を行なった場合も報酬を受け取ることができる(自己アフィリエイト)ことです。

他の利用者を紹介することができなくても、家族口座を作成すれば、1ロット10万通貨あたり4ドルの報酬を受け取ることができます。

まずは登録してみる

このページでは海外FX会社のIBアフィリエイトについて解説した後で、IBにおすすめのFX会社を紹介してきました。

しかしどれが良いのか迷っているという方も多いかもしれません。

そこでおすすめなのが、まずは気になったIB案件に全て登録してみることです。

というのも、サイトやブログで紹介するFX会社を一つに絞る必要はなく、複数のFX会社についての記事を掲載することで、複数会社のIB報酬を受け取ることができます。

そのため好き嫌いせずに、まずは登録してみましょう。

おすすめ第1位のSvoFXについてはこちらも参考にしてください。

なおIBやSvoFXなどに関しての質問はライン@で受け付けています。

https://freesyu.sakura.ne.jp/svofx