YouTube

YouTubeで発生した収益の受け取り方法を紹介!いくらから・いつ貰える?

こんにちは、YouTubeに出会うまではうつ病を患っていたサラリーマンSYUです。

YouTubeを始めた(始めたい)方が1番気になるのが収益のことですよね。

最初の収益を今か今かと待っている方もいることでしょう。

実際、収益の受取までの具体的な過程を知っていると、収益化達成までの具体的なイメージが付きやすくなります。

そして具体的なイメージがあれば、よりモチベーションを高まるというもの。

そこでこのページでは、YouTubeで発生した収益について、受取方法やいくらからもらえるのか、受取口座はどうするのかなどを紹介していきます。

動画を収益化する方法

YouTubeの収益を受け取るのには自分のチャンネルを持って動画を投稿している必要があるのは当然として

自分のチャンネルの動画の収益化を有効にしていないといけません。

ここでは自分のチャンネルを収益化を有効にする方法を紹介します。

まず収益化したいチャンネルにログインしてください。

ログインできたら画面右上のアイコンをクリックしましょう。

そうしたら「クリエイターツール」を開きます。

クリエイターツールをクリックするとこのような画面になるはずです。

左側にクリエイターツールが様々表示されますので「チャンネル」をクリックしましょう。

そうするとさらにいくつかの項目があらわれます。

そのうちの1つである「ステータスと機能」をクリックしてください。

ステータスと機能をクリックするとさらにいくつかの項目がでてきます。

その中から「収益の受け取り」という項目があるので選択しましょう。

画像のように「収益の受け取り」の欄に赤線がある場合、収益の受け取りが有効になっていないということです。

このままでは収益は発生しないので、「有効にする」をクリックしてください。

そうすると「収益受け取りプログラム」という画面になります。

この画面では

  • YouTubeパートナープログラムの利用規約に同意していること
  • AdSenseアカウントを持っていること
  • 過去12か月間の総再生時間が4,000時間を超え、チャンネル登録者が1,000人を超えると審査されること

などが確認されます。

またAdSenseを持っていない方はここで

「AdSenseに申し込みます 開始」という表示になっているはずです。

そのまま開始をクリックしてAdSenseを取得しましょう。

AdSenseを持っている場合は、そのままクリエイターツールに戻って先ほどと同じように

ステータスと機能の画面に戻って、「収益の受け取り」の欄に緑の下線が引かれているのを確認してください。

緑色の下線がしっかりついていれば収益化設定は完了です。

収益の受け取りの口座設定

YouTubeで稼ぐというとYouTubeからお金が振り込まれるイメージがあるかもしれません。

しかし実際のところ、YouTubeの収益は基本的にアドセンス収益なので、Googleアドセンスの方で口座設定などをする必要があります。

ここでは収益の受け取り口座の設定をアドセンスで行う方法を紹介するので参考にしてください。

(後述しますが、YouTubeの収益の受け取りは8,000円からです。

そしてアドセンスは収益が1,000円を超えるまでは銀行口座の設定ができません。)

主なアドセンスの銀行口座の登録の流れは以下のようになります。

  • 銀行口座の登録
  • アドセンスから少額の振込みがある(デポジット)
  • 振り込まれた金額を確認し、アドセンスの管理画面で金額を入力
  • 銀行口座の登録が完了

銀行の選び方

アドセンスには国内の銀行であれば多くの種類の銀行が振込先として選択可能です。

当然普段使っている銀行口座を使用しても良いでしょう。

しかし、おすすめなのは普段使っており、会社の給料などが振り込まれる口座とは別に1つ用意することです。

そうすることで、YouTubeでどれくらい収益が出せているのか一目瞭然になります。

モチベーションをあげるのに役立つはずです。

またYouTubeには様々な経費がかかります。

収益の振込も、経費の支払いも1つの口座で済ませるようにしておけば、税金などを計算する際に楽になるでしょう。

まずアドセンスにログインしましょう。

そうして「管理画面」を開きます。

次に画面の左側から「お支払い」を選んでください。

その後で「お支払い方法の管理」を押します。

必要な情報を入力して支払い情報を追加する画面になったはずです。

半角で入力することを忘れずに注意しながら入力していきましょう。

必要な情報の入力が済んだら「保存」をクリックしてください。

そうすると次のようなデポジットに関する画面が現れます。

3日以内にアドセンス登録した口座にデポジットが入金されます。

その入金されたデポジットの額を入力することで、アドセンスに登録した口座が有効なものであるのかを確認する仕組みです。

入金が確認できたら再度アドセンスにログインします。

そして「お支払い方法の管理」の画面を開きましょう。

画像のようにデポジットの確認待ちの画面になっています。

「確認」をクリックしてください。

そこで入金されていた金額を選択するとデポジットの確認ができます。

これで一通りの銀行口座の登録が終了です。

ただしこれだけでは終わりではありません。

この後、PINを記載した手紙がGoogleから届きます。

PINは個人識別番号が記載されており、登録した住所が正しいのか確認するために送られるものです。

アドセンスにログインすると画面上部に「ご住所の確認手続きを行ってください」という表示がでます。

それをクリックするとPINの入力画面になるはずです。

Googleから届いた手紙に記載のあるPINを入力してください。

これで銀行口座を住所も確認が取れた状態になります。

後は収益が8,000円を超えれば振り込まるでしょう。

収益は8,000円を超えると支払われる

ここまでにも何度か出てきましたが、YouTubeの収益は1円でも発生すれば支払われるようなものではありません。

アドセンスの収益が8,000円を超えて初めて支払いが行われます。

そのため審査に合格しても1、2か月は報酬を受け取れない人も多いです。

ただしその収益はしっかり溜まってカウントされていくので、

「3か月の収益が8,000円を超えずに支払いがなかったため、収益が0になり、リセット」

というようなことは当然ありません。

収益が支払われるのは22日から25日

8,000円を超えると支払いを受け取ることができますが、当然8,000円を超えれば即時振込みがあるわけではありません。

アドセンスの収益は月末締めの翌22日から25日払いです。

(登録銀行によって前後します。)

そのため2/1に初めて8,000円を超えたとすると、3/22~3/25までは振込みはないということになります。

8,000円ってだいたい何再生くらい?

初めての収益を得るまでの8,000円という壁。

何再生くらい稼げばアドセンスの収益が8,000円を超えるのか疑問に思った方もいるでしょう。

アドセンスの収益はYouTubeでもブログ記事などでも、長さやジャンルによって大きく変わります。

例えば1つの動画が10分程度の少し長めの動画をメインにしているチャンネルであれば、

1つの動画でいくつも広告を入れることができるので、広告単価があがりやすいです。

そのため8,000円のアドセンス収益を稼ぐのに必要な再生回数は少なくなります。

一方、短い動画の場合には1つの動画に挿入できる広告は1つです。

そうすると当然1再生あたりのアドセンスの収益は減り、8,000円稼ぐための再生回数も増えます。

またジャンルによって広告が付きやすいジャンルと、つきにくいジャンルがあるのも忘れてはいけません。

例えばエンタメ系の動画であればチャンネルにある動画の半分程度しか広告がついていないということもざらにあります。

一方、趣味系の動画だとチャンネルにある動画のほぼ全てに広告が貼ってあることが珍しくありません。

であれば当然、8,000円のアドセンスの収益を得るのに必要な再生回数を異なります。

一例をだすと少し過激なエンタメ系の5分前後の動画をメインにしている

有名YouTuberのシバターさんは1再生あたりの広告料が0.02円以下だということを匂わせる発言をしたことがあります。

(YouTubeでは収益を公開することを禁止しているので、明言している人はいません。)

一方、鉄道チャンネルを運営しており、1本の動画の長さが10分を超えている

YouTuber背広さんのチャンネルではおおよそ1再生0.3円程度はあるようです。

この例でいえば、エンタメ系の動画をあげているのであれば少なくとも40万再生、

高単価の趣味系の動画をあげているのであれば、20万再生程度で済むかもしれません。

YouTubeで稼げるジャンル11選と選定のコツを紹介!【2018年保存版】こんにちは。 会社が嫌過ぎて自殺寸前のうつ病患者だったSYUです。 突然ですがYouTubeで収益化するときに1番大事なもの...

まとめ

この記事ではYouTubeの収益の受け取り方や収益を受け取るために必要な最低限の収益などを紹介してきました。

この記事を読んだのであれば後は実践して、チャンネル運営をして収益をあげていくだけです。

2017年から徐々にYouTubeパートナープログラムの参加条件の難化を理由にYouTubeは稼げなくなったという人もいます。

しかし次の記事で言及しているようにYouTubeはまだまだ稼げます。

収益を頑張って楽な生活をおくっちゃいましょう。

youtubeの規制強化!2018年はもう稼げない?こんにちは。 会社が嫌過ぎて自殺手前うつ病患者だった@SYUです。 僕は2017年ころから、youtubeを副業として初めて...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください