オススメ

E-FILEとは?FileCoin・IPFS・先河系統を解説

E-FILEはマイニングマシーンをレンタルし、FileCoinのマイニングを行い利益を得る投資案件です。本記事ではまずは全体像を簡単に解説したうえで、それぞれ詳細に解説していきます。

1度で理解できずに他のサイトを見て回るのが嫌という方はどこよりもわかりやすく解説している本ページを参考にしてください。

E-FILEをざっくり解説

今インターネット通信にはHTTPというプロトコルが利用されています。

イターネットサイトのURLは全部「http(https)」からはじまっていますよね?

それはHTTPというプロトコルが利用されているからです。

しかしHTTPプロトコルによるインターネット通信にはデメリットがあります。

そこで開発された新しいプロトコルが「IPFS」です。

しかしIPFSの運営には、情報の分散管理に協力する個人や企業が必要になります。

その個人や企業に支払われる仮想通貨が「FileCoin(ファイルコイン」です。

FileCoinの価値は今後急上昇することが期待されていますが、分散管理に協力するには高い技術力が必要であり、一般人は保有することはできません。

そこで一般人でもIPFSの情報の分散管理に参加し、FileCoinを獲得可能にしようというのが、E-FILEのプロジェクトです。

E-FILEは中国のシリコンバレー深センに本社を構える先河系統のマイニングマシーン(情報の分散管理などに必要な機械)をレンタルしています。

そのためユーザーはE-FILEに出資することで、マイニングマシーンをレンタルし、FileCoinを獲得可能です。

ただしこの説明では何が何だかわからないという方が多いでしょう。詳しく解説していきます。

投資を行う際には「その投資がどのような仕組みで利益をもたらすのか」を理解するのが重要です。

順序立てて説明していくため、長いと感じるかもしれませんが、全て目を通していただくことをおすすめします。

IPFSとFileCoin(ファイルコイン)とは?

FileCoinはIPFSの運営・維持に協力した対価として支払われる報酬です。

FileCoinの価値が上昇するか(E-FILEに出資した方が利益を得られるか)はIPFSが成長するかに依存します。

そこでまずはIPFSとFileCoinとは何かについて解説します。

これまでのインターネット(HTTP)

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

現在インターネットにアクセスする際には「https://blablabla.com/aaa/test.html」といったURLを指定してアクセスを行います。

このURLは「blablabla.com」のホストサーバにあるaaaというディレクトリの中のtest.htmlというファイル」ということで、取得したい情報がある場所を指定しています。

このように欲しい情報が存在する場所を指定して情報にアクセスする方法をロケーション指向と呼びます。現在のHTTPはロケーション指向型のプロトコルです。

このロケーション指向型のプロトコルには問題点があります。それは「情報へのアクセスを可能にするために管理者に大きな責任が生じる」ことです。

たとえばblablabla.com内の情報へのアクセスは、blablabla.comのホストサーバの管理状態に依存します。ホストサーバが稼働していなければ、ユーザーはblablabla.com内の情報にアクセスできません。

そのためホストサーバの管理者は、下記の責任が生じます。

  • 24時間365日サーバーを安定稼働させる
  • アクセス数が増えても遅延がないようインフラの準備を進める
  • blablabla.comの情報が改竄されないように不正アクセスを防ぐ

またサーバー管理者の責任が増えると同時に、アクセスに関する全権力が集中します。その結果、サーバーの管理者は以下のような不正が可能です。

  • 情報へのアクセスの禁止・制限
  • 情報の削除
  • 情報の改竄

たとえば中国ではGoogleを利用できません。それはサーバー管理者に中国政府が要請して、中国国民の情報へのアクセスを禁止しているためです。

他にもFacebook会員8,000万人分のユーザーデータが不正利用されるといった問題が起きており、対岸の火事とはいえません。

これからのインターネット(IPFS)

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

HTTPプロトコルを用いたロケーション指向のインターネットは、インターネットの開発から数十年上手くワークしてきました。

しかしインターネットの発展とともに上記のようなロケーション指向ゆえの弊害やリスクが明らかになりつつあります。

そんな中で注目を集めているのがコンテンツ指向のプロトコル「IPFS」です。

たとえば「赤毛のアン」を読みたいと思った時に、その本が読めればどこで手に入れた本かを気にする人はないでしょう。

インターネットでも同じです。同一の内容であればどのサーバー上でどのファイルから取得したのかはほとんどの場合は重要ではありません。

そこで情報の場所(ロケーション)ではなく、こういう内容の情報という「コンテンツ」の内容自体を直接指定して情報にアクセスしようとするのが「コンテンツ指向」で、そこで使われるのがIPFSです。

IPFSではコンテンツそのものを指定し、そのコンテンツが存在する場所(サーバーなど)を指定しません。また情報は1つのサーバーに保管されず、複数の場所に保管されます。

そのためコンテンツ指向のIPFSには次のようなメリットがあります。

  • サーバーが仮にダウンしてもアクセス可能
  • 他のサーバーにアクセスすることで検閲を可否可能
  • 全てのサーバーの情報を改竄しなければ、改竄が不可能

IPFSの報酬「FileCoin(ファイルコイン)」

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

コンテンツ指向のIPFSはロケーション指向のHTTPの問題点を解決することが可能な魅力的な技術ですが、問題点がありました。コンテンツ(情報)の保持者が情報を保存するインセンティブがないことです。

現在世界でビジネスを行う事業者は自身のビジネスのためにデータを保持してきました。

たとえばInstagramはサービスを充実させてユーザーを確保し収入を得ることをインセンティブに、膨大な画像や動画コンテンツを自身のサーバに保存しています。

しかしIPFSでは情報の保持者とその情報をもとにビジネスを行う者が必ずしも一致しません。

P2Pネットワークを採用しています。P2Pネットワークは、ノード(コンピュータ)同士が必要なデータを融通しあっているからです。

情報の利用者と情報の保持者が一致しないため、IPFSに参加しているノード(コンピュータ)にデータを保持するインセンティブがありません。

そこで生み出されたのが1種の仮想通貨であるFileCoin(ファイルコイン)です。

IPFSに参加したノードはIPFS上にストレージを提供した時間や量に応じて、Filecoinが与えられ、インセンティブが発生する仕組みです。

IPFS上にストレージを提供して運用・維持に参加することを「マイニング」と呼びます。

受け取ったFileCoinnはIPFSが成長すればするほど、価格が高騰していくため、ノードにとって大きな利益となる仕組みです。

現在FileCoinは仮想通貨関連事業の中の最高期待銘柄の1つと言われます。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

ICO(企業や団体などが独自の仮想通貨トークンを発行して、資金調達を行うこと)は米国国籍・総資産額1億ドルもしくは年間所得20万ドル以上の投資益がある適格投資家のみという厳しい条件があったにもかかわらず、FileCoinの2017年の販売額は総額280億円です。

これはICO資金調達額歴代2位となります。

さらにAppleやGoogleに投資する世界最大手ベンチャーキャピタルの「SequoiaCapital」やAirbnbやDropboxなどのユニコーン企業を見出した「Ycombinator」などの企業も出資しています。

これらのベンチャーキャピタルの投資家は超が付くほど優秀です。

期待値が低い(リスクと得られる可能性のある報酬が見合っていない)企業や仮想通貨に投資することはありません

SequoiaCapitalやYcombinatorが出資しているということは、FileCoinは世界最大手のベンチャーキャピタルのお墨付きということです。

もちろん投資である以上「100%儲かる」といったことはあり得ません。

しかしFileCoinを今獲得できれば、大きな利益になることが予想されます。

先河系統とは?

IPFSは大きな可能性を期待されており、FileCoinを今手に入れることができれば、莫大な利益を得られる可能性が高いです。

しかし上で説明した通り、一般人が現在の価格でIPFSのマイニングに直接参加し、FileCoinを入手する方法はありませんでした。

ところが中国におけるFileCoinマイニングのリーダーカンパニーの技術責任者とE-FILEの代表が同級生でブロックチェーン関連の仕事をしていた縁で、FileCoinの入手が可能になりました。

そのリードカンパニーこそが先河系統です。

先河系統について

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

先河系統は中国のシリコンバレーと呼ばれる深センに本社を構える企業です。半導体や基盤開発、セキュリティシステム構築分野で事業運営を行って10年の企業で、資本金は20億円を超えています。

国内の例ですが、資本金が10億円を超えている企業は全体の0.2%しか存在しません。資本金から考えても先河系統はトップ企業です。

先河系統は家庭用strage事業がきっかけでFileCoinマイニングに応用されるクラウドストレージ事業に参加し、2017年からIPFS分野での技術革新を目指し、中国国内で特許を取得しました。

そして現在はFileCoinの開発を手掛けた米国の「Protocol labs」から協力要請を受け、2019年後半に立ち上がったFileCoinマイニングテストネットに参加しました。

80社の限定されたFileCoinマイナーのうちトップの採掘力でシステム全体の革新に大きく貢献しています。

「総採掘量」「有効算力」「TBあたりの採掘効率」の全てにおいて1位です。

FileCoinマイニングにおいて、他にこれだけの採掘力を持つ企業はほとんどいません。

なお「中国企業なの?」と不安に思った方もいるかもしれません。

しかし中国はテンセント・アリババ・百度など世界でも有名なIT企業を排出しており、技術力では随分前に日本は抜かされています。

中国企業だからといって心配するのは、いささか古い考え方です。

先河系統の技術責任者「張」氏について

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

今回のE-FILEのプロジェクトが実現したのはE-FILEの代表と先河系統の技術責任者の張氏が知り合いだったからこそです。

張氏は大学卒業後に上位プログラマーになり、ブロックチェーン技術を習得。様々な関連イベント・プロジェクトに参加する中で北京大学の童天一氏と出会いIPFSの技術を研究します。

その後FileCoinホワイトペーパーの中国語版の執筆を担当しました。

なおマイニングにおいてPOW(マイニング方式)におけるハッシュパワーを意味する中国語「存力」という言葉を名付けたのは張氏です。

このことからも張氏が中国国内でブロックチェーン分野の第一人者であることがわかるでしょう。

そして現在は張氏は先河系統のマイニングの中核を担っています。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

張氏が先河系統本社にてマイニングモニターのデモを行う様子も公開されています。

FileCoinのマイニングに参加するマイナーはストレージ技術に長けた限定80社です。

少ないのは操作ミスがあった場合ペナルティーがあるため、この分野で実績がある会社しか参加できないためです。

張氏は動画の中で自社のアカウントのバックオフィス画面を示し、その後にテストネット画面を示し、経過を解説しています。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

なおインターネットでfilscan.ioのURLを入力すれば、その時に稼働しているテストネットのマイニング状況が確認できます。

2020年8月現在、先河系統は最新のテストネットにおける採掘効率で、トップを独走中です。

最新情報はFilFoxにアクセスし、検索バーに「t01248」もしくは「t02520」と入力して検索すれば、いつでも確認できます。

見事に1位を走っていることがわかります。以下は注目するべき項目と、その意味です。

  • ADJPOWER
    いわゆる有効算力。接続した物理的なテラバイト数のうち、マイニングに使用されているテラバイト数がこれです。
  • ADJPレシオ
    単純に、全マイナーの有効算力のうち何%を占有しているかです
  • 24hReward
    掘れ高/24h
  • MiningEfficiency
    1TiBの有効算力あたり、何枚掘れてるか。
  • パワーグロース
    この24hでどれくらい有効算力を伸ばせたか

もし先河系統がマイニング力に自信を持っていなければ、こうしてマイニング状況を公開することはありません。

マイニング状況を公開し、ユーザーがいつでも確認できるようにしているのは、大きな自信と企業の高い透明性の現れです。

E-FILEなら国内マイニングが可能

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

現在E-FILEでは日本国内マイニング事業者のフィルコマンドと先河集団の技術責任者である張氏との間で1年内の日本国内でのマイニングセンターの建設に向けた契約を締結しています。

マイニングセンターを国内で建設するのには3つの理由があります。

  • 大規模な消費電力を前提とした方式でないために日本での採算化が見込める
  • カントリーリスクを極限まで抑えた安全な運営が可能
  • ユーザーが自分の機械をいつでも見に行けるように

ユーザーの出資金を運用せずに、新しいユーザー(第2世代)の出資金を既存のユーザー(第1世代)の配当金として配布し、さらに新しいユーザー(第3世代)の出資金を第2世代のユーザーの出資金として配当する「ポンジスキーム 」という詐欺があります。

しかしE-FILEの場合には、マイニングマシーンを自分の目で見て確かめられるため、ポンジスキームの可能性は非常に低いです。

なお国内マイニングに向けた3社の契約は次の画像で確認可能です。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

E-FILEの独自サービス

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

E-FILEには4つの独自サービスがあります。

まず1つ目が「買取保証」です。

E-FILEに20TiB以上(120万円以上分)を永久権利(買取プラン)で申し込んだユーザーは預けている代金の元本を補償してもらえます。

120万円というお金はほとんどの方にとっては大きな金額でしょう。

IPFSの可能性を考えれば、損をすることは考えにくいですが、万が一の際にも代金の元本を補償してもらえるので安心です。

なお条件は「2年以内に元本が回収できなかった場合」です。その場合にはE=FILEの責任でビットコイン等で支払いを受けられます。

その際にはマシンの権利や採掘されたコイン等の全てを買い戻す形となるため、補償サービスを利用する際には全ての資産が購入前の状態に戻ると理解しましょう。

2つ目が「換金代行」です。

FileCoinはすでにCoinbaseやGeminiといった世界でもトップクラスの信頼を誇る仮想通貨取引所に上場が内定しています。

しかしこれらの仮想通貨取引所を日本在住者は利用できません。そのため日本在住者はFileCoinの上場直後のお祭り相場には参加できない可能性が高いです。

本来E-FILEは掘れたコインをそのままユーザーに送信し、売却に関してはユーザー次第です。

しかしユーザーが上場直後のお祭り相場を利用した早期の元本回収を成功させられるために、希望のユーザーはE-FILEに中国やアメリカの市場での売却を手伝ってもらうことができます。

このあと解説しますが、E-FILEの予想では平均月利は85%ほどです。

そのため1ヶ月半も経てば、おおよそ元本と同額以上の利益が発生します。

その時点で換金代行サービスを利用して、FileCoinを換金して元本を回収すれば、あとはリスク0で運用可能です。

万が一にE-FILEが破綻してしまったとしても、元本が回収できているため、損失はありません。

絶対に換金代行サービスを利用してE-FILEを換金しておくことをおすすめします。

ただし5T以上を申し込んだ場合に限るので、注意しましょう。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

3つ目が「永久権利」です。通常E-FILEではユーザーはマイニングマシンをレンタルし、マイニングを行います。

レンタルなので期間があり、1年で返却するのが普通です。しかしマシンの権利そのものを完全に購入することも可能です。

初期価格が高くなるというデメリットはありますが、長期間で見れば割安になります。

また上でも解説した通り、永久権利を20T以上購入した方は、買取保証のサービスを受けられます。

今はIPFSの発展の初期段階です。これから徐々に技術が普及すると同時に、より大きな利益を得られるようになる可能性があります。

長い目でIPFSという技術の浸透や発展に夢を預けるのには最も適したプランです。

なお永久権利(購入プラン)はレンタルプランの2倍の価格となっています。

E-FILEの予想平均月利が85%のため、3ヶ月もあれば、元本分の利益が発生する計算です。

プランを永久権利を購入した場合にも、早期に換金を行い元本は回収しておきましょう。

そして最後が4つ目の「国内マイニング」です。上でも説明しましたが、E-FILEは国内にマイニングセンターを設置予定で、すでに契約を結んでいます。

メインネット開通後のセンターの建設まではマイニングは中国福建省のデータセンターで行います。

しかしセンター建設後は国内でユーザーが自分のマシンを気軽に見に行ける体制での運営となります。

海外に設置された目に触れることのないマシンにお金を支払うのは、感覚的に理解が難しいかもしれません。

しかしE-FILEは国内センターなので安心して利用できます。

また国内にセンターがあれば、E-FILEが万が一にも飛んでしまうといったことは考えにくいです。

E-FILEの商品リスト

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

E-FILEの商品リストは上の表の通りです。「1年レンタル」「永年保証」があり、永年保証は一律1年レンタルの2倍の料金になります。6万円(1年レンタル1T)から1,080万円(100T)まで予算に応じて選択可能です。

なお上で説明した通り、5T以上は換金代行を20T以上は換金代行と元本保証を受けられます。

1Tでも良いかもしれませんが、できれば5T以上の商品がおすすめです。

5T以上なら換金代行のサービスを受けられます。上でも説明した通り、E-FILEの予想では1ヶ月半もあれば元本を回収できます。

さらに出資金はマシン費用として、領収書を書いてもらうことができ、経費に計上可能です。

換金代行が利用できる5T以上を選んで、早めに元本を回収して、リスク0で運用しましょう。

換金代行のおかげでむしろリスクを抑えられます。

E-FILEの利益シミュレーション

E-FILEの利益をシミュレーションしていきます。

利益シミュレーションの前提

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

アカウントID:t02020

採掘期間:2020年6月9日〜7月23日の35日間

有効ストレージ:5.5ペタバイト(5,500テラバイト)

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

採掘量は利益の大きさに直結します。採掘量は機械の能力に比例しますが、マイニングの参加企業が増えれば増えるほど1社の採掘量が減っていくものです。

そのためテストネットの採掘量がそのまま適用されることは基本的にはありません。

どれくらい効率が落ちるかは正確な予想は難しいですが、先河系統の張氏は「最悪の場合として10分の1に下がることを想定」と発表しています。

またコインの価格の変化も利益の大きさに直結します。FileCoinの価格の確実は予想は誰にもできません。

しかし

  • 過去にCOINBASE*で取り上げられたコインの価格推移
  • ICO参加者のロックアップ解除の期間設定
  • 先物市場における流動性と1日当たりの採掘量の関係性

*FileCoinの上場が決まっている大手仮想通貨取引所

などから予想し、張氏は直近で次のように予想しています。

好調シナリオ:1FIL(FileCoin)→5,500円

絶好調シナリオ:1FIL(FileCoin)→9,800円

想定バターン別シミュレーション

1年契約で5T(30万円)申し込んだ場合の想定バターン別シミュレーションを行います。

パターンA(現状維持パターン)

スクリーンショット が含まれている画像自動的に生成された説明

現状の先物価格1FIL=1,800円で計算した場合、1T当たり3.9枚/日のFileCoinを獲得可能なため、30日で117枚です。5Tなので585枚になります。

1枚当たり1,800円のため、1ヶ月で105万3,000円の利益です。採掘量が現在と変わらなければ、FileCoinの価格が上昇せずとも、1ヶ月で元本の3倍の金額を回収可能です。

実際にこれだけの利益が発生することは考えにくいいですが、3倍は夢があります。

パターンB(絶好調パターン)

スクリーンショット が含まれている画像自動的に生成された説明

採掘量が変わらなければパターンAと同様に1ヶ月で585枚になります。FileCoinの価格が絶好調に高騰し9,800円になれば、573万3,000円の利益です。

パターンC(E-FILEの予想パターン)

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

FileCoinのマイニング企業が増加し、採掘量が1/8まで減少したものの、好調にFileCoinの価格が3,500円まで上昇した場合のシミュレーションです。

採掘量が減少したため、1ヶ月当たりの採掘枚数は73.125枚となります。そのため月の利益は25万5937円です。上の2つのシミュレーションと比較すると利益は小さいですが、1ヶ月で元本の85%の回収に成功します。

2ヶ月で元本の170%です。つまりE-FILEが仮に詐欺だったとしても2ヶ月間飛ばなければ、70%の利益になります。

強気のシミュレーションの理由

文字の書かれた紙自動的に生成された説明

投資をしている方なら上のシミュレーションを見て強気だと感じたかもしれません。この強気のシミュレーションの理由は、先河系統の技術力の高さです。

先河系統はIPFS技術の総本山であるProtocol Lab社と密接に関わりがあり、協力要請を受けてテストネット段階でバグ報告の協力も行っていました。IPFSの最先端を走るグループです。

その圧倒的な技術力による業界No.1の採掘率を誇るマシンをE-FILEでは使用します。その採掘力の高さが故に控えめに計算しても高い利益率になるのです。

ロケーション指向のHTTPプロトコルの限界が見えた現在、IPFSの重要性が高くなるということはE-FILE以外の企業も伝えています。

そのことを考えれば、E-FILEの言葉も嘘だとは思えません。 だから私も実際に投資を行っています。

E-FILEのまとめ

E-FILEはIPFSのマイニングに参加し、報酬としてFileCoinを得られる投資案件です。

IPFSは現在の主流プロトコルであるHTTPの問題点を解決する優秀な技術であり、今後進展していく可能性は高いでしょう。

そうすれば自ずとFileCoinの価値は上昇します。

またFileCoinの価値が上昇すれば、「FileCoinで利益を出せるかも」と多くの投資家がFileCoinを購入し、価格上昇を加速させるでしょう。

E-FILEで使用する先河系統のマイニングマシーンの採掘力を考えれば、大きな利益になるはずです。

ただし先河系統のマイニングマシーンの採掘力が高くても、マイニング参加企業が増えれば、採掘量は減少します。

採掘量が減っても1月で元本の85%程度は回収できる計算でした。

ベストなマイニングパフォーマンスが発揮されている今なら、より素早く元本を回収可能です。

換金代行サービスを受けられる5T以上を契約して、チャンスを掴みましょう。

E-FILEに関する質問や登録方法はライン@でご連絡ください。