オススメ

アフターコロナの世界でこそアフィリエイトがおすすめの理由

4月の上旬に非常事態宣言が出されて、既に時間が経っていますが、一向にコロナウィルスの影響が治る兆しはありません。

4月13日の段階では既にコロナウィルスが原因で倒産した企業は53を超えています。

この53という数字には、個人事業主は含まれていません。

個人でお店をやっている方を含めれば、より多くの企業やお店が倒産しているということです。

そして非常事態宣言による休業要請が長引けば、倒産する企業は指数関数的に増えていくことと思われます。

そうなれば世界が変わってしまうという懸念から、「アフターコロナ」という言葉も生まれました。

アフターコロナの世界では、場所や時間にとらわれない稼ぎ方や生き方が重要視されると言われています。

そこでおすすめなのがアフィリエイトです。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは成果報酬型の広告のことです。アフィリエイトの仕組みは以下の通りです。

  1. 自分のサイト・SNS・YouTubeで商品やサービスを紹介し、リンクを貼る。
  2. ユーザーがリンクを踏んで、商品やサービスを購入する。
  3. 成果報酬がサイト・SNS・YouTubeの運営者に振り込まれる。

なお商品やサービス購入ではなく、リンクをクリックする度に報酬をもらえる「クリック報酬型アフィリエイト」も存在します。

アフィリエイトって稼げる?

稼げます。アフィリエイトを専業とする専業アフィリエイターは多く、アフィリエイトと専門とする法人も多いです。

アフィリエイトが今後も稼げる根拠を紹介します。

市場規模が伸びている


引用元:https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2362

市場規模が伸びているというのが、1つ目の単純かつ強力な根拠です。

矢野経済研究所のアフィリエイト市場に関する調査では、アフィリエイトの市場規模は2020年から2023年にかけて伸びると予想されています。

市場規模が大きくなるということは、それだけパイが大きくなるということ。

たしかにアフィリエイトで稼ぐのは、数年前の方が簡単でした。

しかし市場のパイが大きくなっている今なら、まだ間に合います。

月収100万円を超える人は6.7%

引用元:http://affiliate-marketing.jp/release/201906.pdf

日本アフィリエイトマーケティング協会の調査によれば、アフィリエイト収入が月に100万円を超えている人は、6.7%います。

日本の20代のサラリーマンで月収が1,000万円を超えている人の割合はほぼ0%、30代では0.4%、40代男性でもたったの1.8%です。

アフィリエイトの方が、普通にサラリーマンをやっている場合よりも、かなり高い確率で月収100万円超えを達成できることがわかっていただけるでしょう。

アフィリエイトで月収100万円超えは、決して夢ではありません。

アフィリエイトの種類

アフィリエイトといえばサイトアフィリエイトという認識を持つ人は多いですが、アフィリエイトには3種類あります。

  • サイトアフィリエイト
  • SNSアフィリエイト
  • YouTubeアフィリエイト

商品やサービスを紹介して成果報酬を得るという仕組みは同じですが、それぞれ様々な違いがあります。

サイトアフィリエイト

サイトアフィリエイトは最も一般的なアフィリエイトの形です。

WordPressや無料ブログサービスを利用してサイトやブログを作成し、そこで商品やサービスを紹介します。

サイトアフィリエイトのメリット

サイトアフィリエイトはストック収入になるのがメリットです。

一度サイトを上位表示させられれば、継続的にアクセスを集め、売上が発生します。

たとえばサイトに100記事入れて上位表示し、月に50万円稼げるようになれば、その後はほとんど労力をかけずに50万円稼ぎ続けられるということです。

サイトアフィリエイトのデリット

サイトアフィリエイトのデメリットは成果がでるのが遅いことです。

Googleのシステム上、新しく開設したサイトは3〜6ヶ月上位表示されず、売上も発生しません。

サイトが上位表示され、売上が発生し始めるまでの数ヶ月間でやる気を失い、辞めてしまう人はかなり多いです。

SNSアフィリエイト

SNSアフィリエイトはInstagramやtwitterなどのSNSで商品やサービスを紹介するアフィリエイトです。

最新の情報を知りたいトレンドに敏感な層や若者は、Google検索ではなく、TwitterやInstagramで情報をサーチすることが増えてきました。

今熱いアフィリエイトです。

SNSアフィリエイトのメリット

SNSアフィリエイトは即効性がある

SNSアフィリエイトなら始めたその日からフォロワーを増やして、すぐに売上を立てることができます。

もちろん短期間で売り上げを出すのは難しいです。しかしサイトアフィリエイトのようにシステム上ほぼ不可能ということはありません。

SNSアフィリエイトは安定性が高い

SNSのフォロワーは継続的にフォローし投稿を閲覧してくれるため、売上が落ちにくいです。

一方でサイトアフィリエイトではサイトの検索順位が下がってしまい、稼げなくなってしまうことがあります。

SNSアフィリエイトのデメリット

アカウント凍結の恐れがある

SNSのアカウントは凍結リスクがあります。

利用規約に反する投稿をしていなければ、凍結するリスクは少ないですが、凍結してしまえば一気に売り上げが0になってしまいます。

方法論が確立されていない

SNSアフィリエイトは、方法論がまだ確立されていません。

サイトアフィリエイトはもうすでに方法論が確立されており、成功までの筋道があります。

その筋道に沿って、コツコツ作業を続ければ稼げるようになるでしょう。

しかしSNSアフィリエイトはまだ比較的新しいビジネスのため、方法論が確立されておらず、自分で工夫しながら行う必要があります。

商品・サービスに限りがある

最後にSNSアフィリエイトで扱うことができる商品やサービスは、種類が少ないです。

希望のジャンルの商品がなければ、サイトアフィリエイトをするしかありません。

YouTubeアフィリエイト

YouTubeアフィリエイトは商品やサービスを紹介するYouTube動画を作成し、概要欄にリンクを貼って行います。

YouTubeアフィリエイトは、SNSアフィリエイトとサイトアフィリエイトの中間に位置する特徴を持ちます。

YouTubeアフィリエイトのメリット

YouTubeアフィリエイトは爆発力がある

まずYouTubeアフィリエイトのメリットは爆発力があることです。

YouTubeにはユーザーが興味・関心を持っていそうな動画をおすすめするレコメンド機能があります。

レコメンド機能によって、より多くのユーザーに動画コンテンツを届けることができるため、視聴回数や登録者数が伸びやすいです。

また株式会社Macbee Planetの調査によれば、最も商品の購入の動機になったSNSとして30%の方がYouTubeを挙げており、トップとなっています。

参考:最も購入の動機になったSNSは「YouTube」、若年層では「Instagram」が最多…SNSマーケティングにおける消費者の意識調査

集客しやすいだけでなく、売り上げにも繋がるということです。

YouTube動画がストック資産になる

YouTubeに投稿した動画はチャンネルに溜まっていき、ストック資産になります。

視聴回数が最も増えるのは動画投稿直後ですが、その後も動画検索やレコメンド機能を通して視聴回数が伸び、売上が発生します。

YouTubeアフィリエイトのデメリット

アカウント凍結の恐れがある

アカウント凍結の恐れがあるのは、SNSアフィリエイトと同じなので、ここでは説明しません。

総合力が必要

総合力が必要というのは、YouTubeアフィリエイト企画力・営業力・滑舌・見た目など様々な力が必要になるということです。

たとえばサイトアフィリエイトなら、文章を書く力さえあって、SEO対策を行えばアクセスを集められます。

しかしYouTubeアフィリエイトの場合は営業力、内容をしっかり視聴者に伝える滑舌の良さ、信頼感を与える見た目など様々な力が必要です。

そのうえ動画編集も必要になるため、総合力が問われます。

アフィリエイトがおすすめの理由

アフターコロナの世界では、次の理由からアフィリエイトがおすすめです。

アフィリエイトは場所に囚われない

  • コストほぼ0で始められる
  • 副業からはじめやすい
  • 利益率が高い
  • 他のビジネスに繋げやすい

それぞれ解説していきます。

アフィリエイトは場所に囚われない

アフィリエイトは場所に囚われず、どこにいても稼ぐことができます。

自宅でも働ける

コロナウィルス関連ニュースでは、日本の満員電車が問題視されていました。しかしアフィリエイトなら自宅でできるため、通勤のために満員電車に乗る必要はありません。

また通勤の必要がなくなることで、ストレスが大きく緩和されます。

イングランド大学の研究者によれば、通勤時間が1分増えるごとに、仕事とプライベートの満足度が低下し、ストレスが増加し、メンタルヘルス(心の健康)が悪化するといいます。

そしてなんと1日の通勤時間が20分増えることで、仕事の満足度は給料が19%減るのと同程度の悪影響を受けるという結果もあります。

日本人の平均通勤時間は1時間10分で、東京圏に限れば1時間45分です。

多くの日本人は知らず知らずのうちに、電車通勤によって大きなストレスを溜めています。

参考:https://hbr.org/2017/05/reclaim-your-commute

しかしアフィリエイトなら通勤する必要はありません。

通勤時間が20分増えることで仕事の満足度が19%減るなら、アフィリエイトにより通勤時間が往復2時間なくなれば、仕事の満足度が大きくします。

どの国・県でも働ける

アフィリエイトはネット環境さえあれば、自宅以外でもどこでも働けます。

そのためたとえば「コロナウィルスが東京で流行っているから、他の県に行って安全に仕事をする」ということが可能です。

また日本中にコロナが蔓延していれば、他の国に行ってアフィリエイトができます。

もちろんコロナウィルスがなくても、暑いのが苦手な人は夏だけ東欧に行ったり、寒いのが苦手な人は冬だけ東南アジアにいくことも可能です。

アフィリエイトをすることで、選べるライフスタイルの幅が大きくに広がります。

コストほぼ0で始められる

アフィリエイトをはじめるにかかるコストは、他のビジネスをはじめるコストと比較すれば、雀の涙程度のものです。

WordPressというサイト設計に必要なソフトウェアは無料で利用できます。

そのため

サーバーのレンタル料金 12ヶ月分(初期費用3,000円含む):15,000円

ドメイン費用12ヶ月分:1,000円〜5,000円

サイト設計に利用するテンプレート:20,000〜30,000円

1年あたり合計5万円のコストではじめることが可能です。

なおサーバーのレンタル料金とドメイン費用は12ヶ月分最初に払う必要はないため、初期費用はもっと安くできます。

いわゆる実業を始めようとすれば、大きなコストがかかることが多いです。

そのためはじめるのに時間がかかるのはもちろん、失敗した時のリスクが大きいです

アフターコロナの世界は不景気となるため、一度の失敗でも大きなダメージとなります。

しかしアフィリエイトなら気軽に低リスクでははじめることが可能です。

副業からはじめやすい

アフィリエイトはまずは副業としてはじめて、成功しそうなら本業とすることが可能です。

副業としてビジネスを本格的にはじめるのは簡単ではありません。

BtoBのビジネスなら平日昼間に時間を作る必要があり、BtoCのビジネスなら夜でも良いかもしれませんが、次の日の本業に支障をきたす恐れがあります。

しかしアフィリエイトなら、24時間いつでもできます。

アフィリエイトを行うにあたって直接やりとりするのは、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)の方だけです。

そして毎日ASPとやり取りするわけではありません。

仕事終わりに毎日2時間ずつだけやるというように、アフィリエイトにあてる時間は柔軟に調整できます。

利益率が高い

アフィリエイトは利益率が非常に高いビジネスです。

年間5万円程度とかなり低コストではじめられますが、アフィリエイトで月に100万円以上稼ぐ方も少なくありません。

コツコツ作業して、よりユーザーに付加価値を提供できるサイトにすればするほど、得られる利益も大きくなります。

ただしアフィリエイトをはじめたものの、月に1,000円も稼げていないという方も多いです。

アフィリエイト=低コストで簡単と思って、努力する覚悟もなくはじめると月に1,000円も稼げずに赤字となって終わります。

それならやらない方がマシです。

アフィリエイトは他のビジネスよりも手軽にはじめられて、低リスクですが、簡単に稼げるというわけではありません。

最低限の努力は必要になります。

他のビジネスに繋げやすい

アフィリエイトで稼げるようになれば、ビジネスの幅が大きく広がります。

どの種類のアフィリエイトも、集客がメインのビジネスであり、集客スキルが身につきます。

アフィリエイトで売り上げを立てられるようになるということは、集客が上手くなるということを意味します。

そのためたとえばアフィリエイト以外にも「自分の商品を販売したい」「お店を開きたい」「コンサルタントをやりたい」という場合に、集客スキルを生かすことが可能です。

ビジネスで最も大変なことは集客すること。その集客スキルをアフィリエイトで磨けば、様々なビジネスを成功させられます。

今日からアフィリエイトをはじめよう

この記事を読んでもまだ、アフィリエイトをはじめるか迷っている方が多いかもしれません。

慎重さはビジネスの成功に必要不可欠の要素なので、時には慎重になるのも良いでしょう。

しかし時の流れが早い現代では「初速の早い人」が成功します。

アフィリエイトでも同じです。

2012年頃にアフィリエイトをはじめていれば、とにかく文字数の多い記事を書けばそれだけで、上位表示して稼げました。

「どうしようかな…」と迷っているうちに、パイが食い尽くされていき、どんどん成功するのが難しくなっていきます。

だからこそ来週からでも、明日からでもなく「今日から」アフィリエイトをはじめて下さい。