FX

FXのローソク足を解説!初心者でも簡単に理解できる

こんにちは、会社が嫌過ぎて自殺手前うつ病患者だった@SYUです。「FXを始めてみたけどテクニカル分析とかよくわからない。」そんな方は多いかもしれません。そこで、今回はテクニカル分析の基本中の基本「ロウソク足」について紹介します。ローソク足しかほとんど使ってないのにFXで稼いでいる人も少なくないくらいに重要な内容になっているので、ぜひ参考にしてください。[toc]

ローソク足とは?

まず、ローソク足について解説します。下図を見てください。
ローソク足とはこのようなマークで表されるものです。このローソク足1本から
  • 相場の強弱
  • 売り手と買い手の勢力関係
  • 需給バランス
  • 投資家の心理
全てを読み解くことができます。

ロウソク足の読み方

出典: ローソク足の正しい見方|チャートをより深く見よう!
ロウソク足は
  • 陽線
  • 陰線
  • 上ヒゲ
  • 下ヒゲ
  • 実体
  • 高値
  • 安値
  • 始値
  • 終値
などたくさんの要素で構成されています。高値や安値、始値、終値については
  • 始値・・・期間の始めに値が付いた時の価格
  • 終値・・・期間の最後に値が付いた時の価格
  • 安値・・・期間内の最安値
  • 高値・・・期間内の最高値
と覚えておいてください。陽線と陰線、上ヒゲと下ヒゲについては次で詳しく解説します。

陽線と陰線

出典:陰線と陽線
陽線は赤または白、陰線は青または黒で表されていることが多いです。

対象期間内で、最初についた価格(始値)よりも最後についた価格(終値)が高いと 陽線になります。

その逆で最初についた価格(始値)よりも、最後についた価格(終値)が低い場合つくのが陰線です。

そのため、陽線と陰線はそれぞれ株価が上がったことと株価が下がったことを表します。ちなみに、上で対象期間と言いましたが対象期間にはいくつかの種類があります。
  • 5分間の株価の動きを表す「5分足」
  • 1日の株価の動きを表す「日足」
  • 1週間の株価の動きを表す「週足」
  • 1ヶ月の株価の動きを表す「月足」
自分がチャートをチェックできる頻度や投資スタイルによって時間足を決めましょう。
要点まとめ

陽線は株価があがったことを陰線は株価が下がったことを示す。

上ヒゲと下ヒゲ

出典: FXのテクニカルには100%重要!チャート初心者のためにローソク足を簡単に説明!
上ヒゲも下ヒゲもチャート上で細い線で表されるものです。
  • 上ヒゲは高値と終値の差
  • 下ヒゲは安値と始値の差
を表します。

つまり、ヒゲが長ければ長いほど高値(安値)と終値(始値)の差が大きく、ヒゲが短ければ短いほど高値(安値)と終値(始値)の差が小さい。

そういうことができます。

そのため、上ヒゲが長いということは一時的に価格が上昇したにも関わらず、 下げ戻したということを意味します。そして下ヒゲが長いということは一時的に価格が下落したにも関わらず、上げ戻したということを意味するのです。そして大きく下げ戻したということは上昇に対する抵抗が強いということ、大きく上げ戻したということは下落に対する抵抗が強いということです。これは言い換えるとヒゲが長い方向と反対の方向へレートが動きやすいともいえます。そのため、上昇トレンドの中で上ヒゲが長いロウソク足がでてきたら次は下がるかもしれないと考えることがでます。そして、逆に下降トレンドの中で下ヒゲが長いロウソク足がでてきたら、次は上がるかもしれないと考えられるわけです。ただし、当然ながら長い上ヒゲが出現しても上昇が続く可能性もありますし、長い下ヒゲが出現しても下落が続く可能性もあります。多角的にみて判断してください。
要点まとめ

ヒゲが長い方と反対方向へトレンド転換しやすい。

9つのローソク足の種類

ローソク足はその形によって大きく9種類にわけられます。解説していくので参考にしてください。

陽線

一番基本的な形です。期間内の取引開始から終了まで、買い方と売り方が戦い最終的に買い方が勝ったことを意味します。実体が長いほど買いの勢いが強いです。

陰線

こちらも基本的な形です。ローソク足の実体が長いほど、売りの勢いが強いと考えます。

引き分け

始値と終値が同値でローソク足の実体がない形です。買い方と売り方の勢力が拮抗していることを意味します。トレンドがあるなかで引き分けが発生した場合、トレンドを買い方(売り方)の勢力が止めたということです。そのため、上昇トレンドの中では下落への転換の示唆に、下降トレンドの中では、上昇への転換の示唆になります。

上ヒゲ

買い方が高値まで買いで攻めたものの売り方の抵抗で押し戻されたということを意味します。ヒゲの長さは、売りの抵抗の強さです。

下ヒゲ

売り方が安値まで売りで攻めたものの、買い方の抵抗で押し戻されたということを意味します。ヒゲが長さは、買いの抵抗の強さです。

大陽線

実体が他に比べて明らかに大きく目立つ陽線を大陽線が大陽線です。実体の長さの目途としては普段の値幅の5倍以上と言われます。大陽線があれば、売り方の勢いが弱まっており、買いの勢いが続く可能性が高いです。

大陰線

大陽線と反対の性質を持ちます。買い方の勢いが弱く、売りの勢いが続く可能性が高いです。

陽線坊主

上下のヒゲがなく比較的大きな実体をもつ陽線です。始値が安値になっており、終値が高値になっています。上下のヒゲがなく買い方が一方的に押しているので、買い方の勢いが続く可能性が高いです。

陰線坊主

陽線坊主と反対の性質を持ちます。上下のヒゲがなく、売り方が一方的に押しているので、売り方の勢いが続く可能性が高いです。

上陰陽線

上ヒゲの長い陽線のことです。上昇トレンドの中では下落への転換の示唆になります。意味するのは、買い方の勝利であるが売り方の抵抗が強かったということです。下降トレンドの中では、上昇への転換の示唆になります。売り方に抵抗されたが、最終的には買い方が勝利したということです。

上陰陰線

上ヒゲの長い陰線です。上昇トレンドの中では下落への転換の示唆になります。売り方の抵抗が強く、最終的にも売り方が勝利したということです。

下影陽線

下ヒゲの長い陽線です。下降トレンドの中では上昇への転換の示唆になります。買い方の抵抗が強く最終的にも買い方が勝利したということです。

下影陰線

下ヒゲの長い陰線です。上昇トレンドの中では下落への転換の示唆になります。買い方に抵抗されたものの最終的には売り方が勝利したということです。下降トレンドでは、上昇への転換の示唆になります。売り方の勝利ではあるものの、買い方の抵抗が強かったということです。

まとめ

相場の世界の格言に、「相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育つ 楽観の中で成熟し、幸福の中で消えていく」というものがあります。相場の世界で勝ち残っていくためには、他の多くの投資家の心理状態を先読みし、次の行動に繋げていく姿勢が不可欠。その心理を最も分かりやすく的確に教えてくれるのがローソク足です。この記事でローソク足の基本は解説しました。この後は、実際に相場に触れてみましょう。