オススメ

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設・本人確認方法を解説!

本記事ではビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設・本人確認・入出金方法を解説していきます。

ビットフライヤーのような仮想通貨取引所の口座開設は少し手順が多く面倒に感じるかもしれません。しかし本記事を参考に開設すれば、簡単に開設可能です。

ビットフライヤー(bitFlyer)とは

bitFlyerは仮想通貨交換業者の株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所サービスです。株式会社bitFlyerは日本ブロックチェーン協会の主幹企業で、日本ブロックチェーン協会の設立を主導しています。さらに社長の加納は同協会の代表理事を務めており、非常に信頼性の高い会社です。

ビットフライヤーで口座開設をするメリット

ビットフライヤーで口座開設をする主なメリットは3つあります。

セキュリティー世界一

仮想通貨の取引所は莫大な金銭のやり取りが行われているため、しばしばハッカーなどによるハッキングの対象となります。そのため仮想通貨取引所選びでセキュリティーは非常に重要です。

ビットフライヤーは海外のニュース記事で140の仮想通貨取引所の中でセキュリティーの高さで第1に選ばれました。実際ビットフライヤーはこれまで1度もハッキング被害にあったこともありません。

国内取引量・ユーザー数No.1

ビットフライヤーは仮想通貨の取引量が非常に多く、世界一になったことがあるほか、日本では取引量1位を維持しています。ビットフライヤーのセキュリティーが高く、サービスの利用が簡単だからでしょう。

取引画面が見やすい

仮想通貨の販売は基本的には取引所形式ではありません。販売所形式での取引になるため手数料が少し高めです。しかしトレード画面を見る必要がないため、初心者でも簡単に取引できます。

また海外の仮想通貨取引所の中には日本語に対応しておらず、英語がわからないと少し不便に感じることも多いですが、ビットフライヤーは日本のサービスのため、アカウント開設も利用も簡単です。

ビットフライヤーの口座開設に必要なモノ

この後ビットフライヤーの口座開設方法を解説しますが、まずはビットフライヤーの口座開設に必要な書類が揃っているか確認しましょう。

ブラウザで口座開設する際に必要なモノは次のとおりです。

  • メールアドレス
  • 本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカード・在留カード・パスポート*)
  • 銀行口座

*パスポートを利用して本人確認を行う場合には佐川急便の配達員が家に来て対面で確認する「対面確認」を行う必要があります。

なおスマホアプリで口座開設する場合には、より多くの書類を本人確認資料として利用可能です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 各種福祉手帳
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード

運転免許証・マイナンバーカード・在留カード・パスポートを持っておらず、上記リストの中に持っている本人確認資料がある方は、アプリで口座開設しましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法

ビットフライヤーの口座開設をブラウザとスマホアプリで行う場合に分けて解説していきます。

ブラウザでの開設方法

まずは公式サイトにアクセスしましょう。

メールアドレスの登録

人, 女性, 電話, 携帯電話 が含まれている画像自動的に生成された説明

「メールアドレス」と記載がある箇所に、メールアドレスを入力しましょう。その後に「無料登録」をクリックしてください。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

このようなメールが「no-reply@bitflyer.com」から送られてきます。「キーワード」をコピーしてください。

送られてこない場合にはメールアドレスが間違っているか、迷惑メールフォルダに入ってしまっているかもしれません。確認しましょう。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

元の画面に戻ったらキーワードの欄にキーワードをペーストしましょう。「次へ」をクリックしてください。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

チェックボックスが表示されます。全てチェックして、「同意する」をクリックしてください。

二段階認証の設定

次にメールアドレス以外を登録してセキュリティーを強化する二段階認証を行いましょう。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

「認証アプリを使う」「携帯電話のSMSで受取る」または「メールで受取る」の3つの方法があります。推奨されているのは認証アプリを使う方法です。

次に二段階認証設定を行います。

白いバックグラウンドのスクリーンショット自動的に生成された説明

仮想通貨の外部送付時以外に、どのタイミングで二段階認証を行うかを選択します。全てチェックしておきましょう。

本人情報の登録

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

二段階認証が完了すると、本人情報の登録が始まります。「取引時確認の入力をはじめる」をクリックしましょう。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明
  • お名前
  • フリガナ
  • 性別
  • 生年月日

を入力していきます。

この後使用する本人確認書類と内容の相違がないように注意しましょう。

スクリーンショット, 抽象 が含まれている画像自動的に生成された説明

本人情報の登録が完了したら、「続けて本人確認資料を提出する」をクリックし、提出しましょう。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

スマートフォンのみで本人確認を行う「クイック本人確認」「対面での本人確認」の2つから1つを選びましょう。パスポートを利用する場合には対面での本人確認を行う必要があります。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

クリック本人確認を行う場合には、

  • 運転免許証
  • 在留カード
  • マイナンバーカード

から1つ選んで、撮影しましょう。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

対面での本人確認を選択する場合には、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

から1つ選びましょう。1〜3日程度で佐川急便の方が来るので、本人確認を行いましょう。

銀行口座の登録

抽象, スクリーンショット, 大きい, 木製 が含まれている画像自動的に生成された説明

銀行情報を入力していきましょう。

  • 銀行名
  • 支店名
  • 口座種別
  • 口座番号
  • 銀行口座名義(姓・名)

間違えないように注意してください。

文字の書かれた紙自動的に生成された説明

住所確認のために登録した住所にはがきが数日で郵送されてきます。はがきを受け取れば口座開設完了です。

アプリでの開設方法

アプリでビットフライヤーの口座開設を行う方法を紹介していきます。まずはアプリをインストールしてください。

メールアドレスの登録

アプリを起動しアカウント作成ボタンを押してください。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

メールアドレスを入力後に、4つのチェックを入れていきます。その後に上部メニューの「アカウント作成」をタップしましょう。入力したメールアドレスにメールが届きます。

画像右の画面が表示されます。「メールアプリを起動する」をタップして、ビットフライヤーからのメールを確認しましょう。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

ビットフライヤーからのメールを開いて、URLをクリックしてください。

クリックすると画像右の画面が表示されます。これでアカウント登録(メールアドレスの登録)の完了です。

本人情報の登録

本人情報の登録はメニューバーから行います。

パソコンの画面自動的に生成された説明

左上のメニューバーをタップして、表示されたメニューの中からカメラアイコンの隣のボタンをタップしてください。マイアカウントページが表示されます。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

中から「登録内容」をタップしましょう。次の画面で「ご本人情報のご登録」をタップします。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

以下の本人情報を入力していきます。

  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 番地
  • マンション名・部屋番号
  • 固定電話番号
  • 携帯電話番号

なお電話番号は固定電話と携帯電話のどちらかで構いませんが、携帯電話番号の方が便利なので、おすすめです。

「登録内容」の画面に戻って、「ご本人情報のご登録」をクリックし、本人確認書類の提出を行います。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

提出するご本人確認資料を選んでください。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 各種福祉手帳
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード

ブラウザで口座開設するよりも、利用できる本人確認資料の種類が多いです。

そして本人確認資料の表面と裏面の写真をアップロードしましょう。

本人確認資料の提出が完了したら、登録内容に戻ってください。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

「お客様の取引目的等のご確認」をタップして、取引目的の登録を済ませましょう。以下の3つの項目を選択してください。

  • 外国の重要な公人
  • 職業
  • 取引を行う目的

銀行口座の登録

最後に再度登録内容の画面に戻って銀行口座の登録を行います。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

「銀行口座情報確認」をタップした後に「本人銀行口座を登録」をタップしましょう。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

以下の銀行口座情報を入力していきましょう。

  • 銀行・支店
  • 預金種類
  • 口座番号
  • 口座名義(セイ・メイ)

これで銀行口座の登録完了です。

文字の書かれた紙自動的に生成された説明

住所確認のために登録した住所に確認はがきが郵送されてきます。このはがきを受け取ったら口座開設完了です。ただこのはがきを受け取る前でも入金や仮想通貨取引はできます。

ビットフライヤー(bitFlyer)の利用方法

ビットフライヤーの利用方法を解説します。

日本円の入金

抽象, スクリーンショット が含まれている画像自動的に生成された説明

左のメニューバーの中から「入出金」をクリックしましょう。表示される通貨一覧の中から「日本円」を選択し、「入金」を選択してください。ビットフライヤーへは「銀行振込」「インターネットバンキング」「コンビニ入金」の3つの方法で入金できます。

なお住信SBIネット銀行からの入金が手数料が安くておすすめです。仮想通貨取引以外にも住信SBIネット銀行は利便性が非常に高いため、口座を持っていない方は開設をおすすめします。

日本円の出金

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

日本円を出金する際には、入金時と同様に左メニューから「入出金」を選んで、通貨一覧から「日本円」を選択します。そして先ほどとは異なり「出金」を選択し、登録した銀行口座を選択してください。

仮想通貨の預入

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

仮想通貨の預入を行うには左メニューから「入出金」を選んだ後に、預入を行いたい仮想通貨を選択しましょう。そして「預入」を選択すると画面にQRコードとアドレスが表示されます。どちらかを読み込んで、仮想通貨の預入を行ってください。

仮想通貨の送付

仮想通貨の送付を行うには、預入の時と同様に「入出金」をクリックした後に送付したい仮想通貨を選択し、「送付」を選択しましょう。

ここで送付先のビットコインアドレスを選択しますが、未登録の場合には新しく登録する必要があります。「アドレスを登録」をクリックして、外部アドレスを登録しましょう。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

外部アドレスの追加画面が表示されます。ラベルとビットコインアドレスを入力して「追加する」をクリックしてください。登録が完了すれば、送付が可能です。

bitFlyerの口座開設方法まとめ

bitFlyerはセキュリティーの高さが世界一といわれているほか、ブラウザ版もスマホアプリ版も簡単に使いこなせます。

そしてそのセキュリティーの高さと利便性の高さから取引量世界1位を獲得したこともありました。

この機会にbitFlyerの口座開設を済ませておきましょう。