仮想通貨

Binance(バイナンス)のアカウント作成(開設)方法を開設!3分で楽々

Binance(バイナンス)は人気・知名度ともに業界トップクラスの仮想通貨取引所です。取引量は文句なしの世界最大です。設立は2017年7月ですが、公開後わずか半年で会員数が600万人を超え、一気にトップクラスの仮想通貨取引所となりました。

Binanceには150種類以上のアルトコイン(仮想通貨)を取り扱っていること、スマホアプリでの取引が簡単なことなど、様々な魅力があります。

しかしBinanceはアカウントの開設を英語でする必要があるため、難しいと感じる方もいるかもしれません。

そこで本記事ではBinanceの登録方法・資産管理方法・仮想通貨の売買方法を解説します。読めばBinanceの開設・基本的な利用で困ることはなくなるでしょう。

Binance(バイナンス)のアカウント作成・本人確認方法

Binanceの登録・口座開設方法を開設していきます。

アカウント作成方法

アカウント作成は2〜3分で可能です。

まずは公式サイトのトップページにアクセスしてください。

モニター画面に映るウェブサイトのスクリーンショット自動的に生成された説明

その後に画面中央の「Create an Account」をクリックしてください。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明
  • メールアドレス
  • パスワード
  • パスワード(確認用)

を入力して「Terms of Use(利用規約)」にチェックをつけたら、「Register」をクリックしてください。なお利用規約は後で読めば大丈夫です。

なおBinanceはお金を管理する重要なサービスのため特にパスワードには注意しましょう。普段使っているパスワードは避けてください。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

先ほどの画面でRegisterをクリックすると、このようにメール認証を行ってくださいという内容の英文が表示されます。

なおこの後の工程でメールが届いていない場合にはオレンジの文字の「Resend email」をクリックしましょう。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

先ほどの画面が表示されたら登録したメールアドレスの受信箱を開いて、BINANCEからのメールを確認しましょう。「Verify Email(認証する)」をクリックしてください。

URLをリンクしてもよいです。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

アカウントの作成が完了した旨が表示されます。「Log in」をクリックしましょう。

ログイン画面に切り替わります。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

上の空欄にメールアドレスを下の空欄にパスワードを入力して「Log in」をクリックしてください。

スクリーンショットの写真と文字の加工写真自動的に生成された説明

下のスライドバーを右にドラッグすると画面内のピースがはまりパズルが完成します。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

5つの確認項目にチェックを入れて「I understand continue」をクリックしてください。

内容は利用者を詐欺から守るためのもののため、ここで紹介しておきます。

  • サイトに訪問する際には、フィッシング詐欺防止のために「www.binance.com」のサイトに訪問していることを確かめてください。
  • Binanceと関連すると説明があるブラウザプラグインをイストールしないでください。
  • Binanceのサポートだと名乗る人に決して電話をかけないでください。
  • パスワードやGoogle認証コード、SMS認証コード、Google認証キーをバイナンスのサポートを含む誰にも教えないでください。
  • Binanceのサポートと名乗る人に資金の送金を行わないでください。

仮想通貨取引所は多くの人が大量の資金のやりとりを行っているため、詐欺師のターゲットになることがあります。紹介した注意点を厳守してください。

2段階認証設定

登録完了後に2段階認証設定を行います。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

Binanceの2段階認証には「Google Authenticator」「SMS認証」の2つの方法が用意されています。どちらか一方でも構いませんが、少しの手間を惜しんでリスクを増やすよりは、どちらも認証を行うことをおすすめします。

まずは手間の少ないSMS認証からすすめましょう。「SMS Authentication」をクリックします。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

電話番号をまず入力し「Send SMS」をクリックしてください。SMSで認証コードが送られてきます。そのコードを下の空欄に入力して「Submit」をクリックしましょう。

次にGoogle Authenticatorを利用した認証です。

まずはGoogle Authenticatorのアプリをスマホにダウンロードしてください。

その後にトップページの人型のアイコンをクリックしましょう。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

「Account」をクリックして設定を進めていきます。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

「Account」をクリックして表示されたページ右下のGoogle AuthenticatorのEnableをクリックします。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

その後に「Next Step」をクリックしましょう。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

次の画面で表示されるQRコードをスマホにダウンロードした「Google Authenticator」で読み込みます。なおQRコードはスクリーンショットで保存しておきましょう。

読み込みが完了したら「Next Step」をクリックしてください。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

キー番号が表示されるのでメモを取っておきましょう。スマホを変更した際などに、アプリ認証を行うために必要になります。もしもの時もQRコードや認証キー番号があれば、安心です。

メモを取り終わったら「Next Step」をクリックしてください。

ここまででアカウント開設と2段階認証によるセキュリティー設定が完了しました。

次は本人確認を行い、出金制限を解除していきましょう。

本人確認をして出金制限を解除する

本人確認をしなくても出金は可能ですが、以下の通り出金制限がかかります。出金制限を解除していきましょう。

  • 本人認証あり:1日2BTC
  • 本人認証なし:1日100BTC

なお本人確認にはパスポートもしくは運転免許証が必要です。事前にどちらかの写真を撮影し、パソコンにインポートしておきましょう。

また持っていない方は、出金が必要になる時までに作成し、作成が完了したら早めに本人確認を済ませておくことをおすすめします。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

2段階認証の際と同様にAccountから移動し、「Submit Verification」をクリックしてください。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

「Personal(個人)」もしくは「Enterprise(法人)」のどちらかを選択します。ここではPersonalを選択した場合の解説を続けます。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

Personalをクリックすると以下の必要情報を入力する画面に切り替わります。

  • 名前(First Name)
  • 苗字(Last Name)
  • 生年月日(Date of birth)
  • 番地、建物(Address)
  • 郵便番号(Postal Code)
  • 市区町村、都道府県(City)
  • 国(Country)

入力時には提出する本人確認書類と内容が同じになるように注意しましょう。

市区町村・都道府県は「Shibuya-ku, Tokyo-to」というように入力します。番地建物がわかりにくければ、「JuDress」などの日本語住所を英語住所に変換してくれるサービスを利用すると間違いがなく、安心です。

全て入力が完了したら「Begin Verification」をクリックしましょう。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

「Start ID verification」をクリックしてください。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

パスポートで本人認証を行う場合は左の「Passport」を、運転免許証で本人認証を行う場合には「Driver’s license」をクリックして、ファイルをアップロードします。

2 Binance(バイナンス)での資産管理の仕方を覚えておこう

Binanceでの入金と出金方法を紹介していきます。

入金方法を解説

パソコンの画面自動的に生成された説明

まずは上部メニューのFundsをクリックして、プルダウンの中から「Balances(残高)」ページへ移動しましょう。

ページを開くと通貨が並んでいます。操作したい対象通貨のボタンをクリックして「Deposit」を選択してください。

ここではBTCを入金するとしましょう。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

次のいずれかの方法で入金を行えば、入金完了です。

  • 「Show QR Code」をクリックして、QRコードを表示し、送金元のウォレットまたは取引所からQRコードを読み取る
  • 「BTC Deposit Address」に表示されている入金先のアドレスを「Copy Address」をクリックしてコピーする

出金(送金)方法

パソコンの画面自動的に生成された説明

入金時にも開いたBalances(残高)の画面で出金(送金)したい通貨を選択したら今度は「Deposit」ではなく「Withdrawal」を選択してください。先ほどと同様にBTCを出金するとしましょう。

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

出金先アドレスと出金数量を入力して「Submit」をクリックしてください。なおはじめて出金する場合は、「出金先のラベル・アドレス」を作成する必要があります。

なお仮想通貨の入出金にはアドレスを間違えると、送金に失敗し、その分の資産が失われることがあります。そのため送金時には細心の注意を払いましょう。

トレード(売買)方法を解説

Binanceでトレード(売買)を行う方法を最後に解説していきます。

チャートの見方

コンピューターのスクリーンショット自動的に生成された説明

上部メニューの「Exchange」から「Basic」を選択すると上の写真のような取引画面が表示されます。

画面中央に表示されているのがチャートです。このチャートを見て売買を行うことになります。

左側にあるのが売買板(取引板)です。ここにはそれぞれの仮想通貨の売値と買値が記載されています。

下のエリアに注文を出すためのメニューが配置されており、売買可能です。(売買方法はこと後詳しく解説します)

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

チャートに表示する通貨を変更したい場合には画面右の通貨一覧から、表示したい通貨を選択しましょう。

チャート左上部の「1H」「1D」などのボタンをクリックすると、チャートの時間足を変更可能です。

たとえば1Hを選択すると1時間ごとの価格変動が、1Dを選択すると1日ごとの価格変動がチャートに表示されます。

仮想通貨の売買方法

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

まずは指値注文(Limit)の方法を解説します。指値注文は自分の希望する金額・枚数を入力することができる取引です。

購入(売却)希望金額・購入(売却)枚数を入力して、「Buy(Sell) BTC」をクリックしましょう。

その後BTCが購入(売却)希望金額になった時に自動的に取引が成立し売買が行われる仕組みです。

初心者の方は難しく感じるかもしれませんが、一般的な注文のため慣れておきましょう。

次の成行注文は売買板にでている価格で取引を行う注文方法です。希望する枚数を入力後、「Buy(Sell)BTC」をクリックすると即取引が成立します。

最後がストップリミット注文です。ストップリミット注文はユーザーが指定したストップ(トリガー)価格に達した場合に、買いまたは売りの指値注文を発注する指示を出します。

少し理解が難しい注文方法ですが、特に損切りなどに便利なため、使いこなせるようになりましょう。

インジケーターの表示方法

「Exchange」→「Basic」と選択しましたが、「Advanced」を選択することで、インジケーターの使用が可能です。

より本格的に取引を行う場合には「Advance」を選択して、インジケーターを利用しましょう。

Binanceのアカウント解説まとめ

Binanceは世界1位の取引量の世界でもトップクラスの仮想通貨取引所です。取り扱う通貨が豊富でスマホアプリも便利なため、便利に利用できます。3〜5分でアカウント開設可能なので、この機会に済ませておきましょう。なお面倒くさいと思うかもしれませんが、二段階認証と本人確認も済ませておくことをおすすめします。