オススメ

Accell Mobileの代理店システムを徹底的に解説

Accell Mobileは現在縁故期間限定で代理店契約者が報酬プランにおいて優遇され、永続的に稼ぎやすくなる特大特典を提供しています。

30秒で読めるように簡単に概要を解説したうえで、Accell Mobileの特徴を紹介していきます。効率よく稼げるこのチャンスを逃したくない方は、この記事を読み進めてください。

Accell Mobileの代理店システムを30秒で解説

Accell MobileはOCN楽天モバイルLINEモバイル等と同じMVNOと呼ばれる格安でスマホの利用を可能にする通信事業者です。

代理店契約を結んだユーザー(代理店)は、他のユーザーにAccell Mobileを紹介して、契約してもらうことで、報酬を得られます。

自身が契約していなければ、人におすすめするときに説得力が低く、Accell Mobileはサービスの質が高いため、自身も契約するのがおすすめです。

しかし代理店契約するために、自身も契約する必要はありません。会社の都合で契約会社を変えられない方でも、代理店を始められます。

MVNOは劇的な進化を遂げており、利便性においては大手キャリアにほとんど劣らない一方で、料金はかなり安いです。

それでも未だに大手キャリアに高額な料金を支払って、スマホを利用している方は多いですが、その理由は「MVNOがよくわからないから」

逆にいえばMVNOについて理解できれば、ほとんど利便性が変わらずに料金を抑えられるため、多くの方がMVNOに興味を持つはずです。

そのためユーザーにきちんとMVNOについて説明してあげられる方であれば、代理店報酬を得るのは難しくないでしょう。

現在は縁故期間で代理店として参加すると、報酬プランに関して永続的にとても稼ぎやすくなる特大特典があります。

気になった方は、この後MVNOと代理店について詳しく解説していくので、読み進めていきましょう。

MVNOとは

MVNO「Mobile Virtual Network Operator」(仮想移動体通信事業者)は携帯電話などの無線通信インフラを他社から借り受けてサービスを提供する会社です。

たとえば楽天モバイルやLINEモバイル・OCNモバイルなどがMVNOにあたり、これらの会社はSoftbankaudocomoの回線を借り受けてサービスを提供しています。

これまでほとんど日本の携帯市場は大手キャリアの独占状態だったこともあり、総務省はMVNOを促進し、大手キャリアは携帯網を開放しつつあります。

そのためMVNOにとっては、無線通信インフラの借り受けなどがより容易になり、有利な状況となるでしょう。

MVNOに切り替えると何が変わる?

MVNOに切り替えると不便になってしまうのではないかと心配する方もいるかもしれませんが、基本的には大手キャリアと何も変わりません。

電話番号の引き継ぎも可能で、機種もそのまま利用できます。(場合によってはSIMロックが必要になますが、キャリアの携帯ショップで、3,000円ほどで解除可能です)

機種もそのままなので、使用していた電話帳やアプリなども継続して利用できます。

ただしdocomo.ne.jpなどのキャリアメールなどのキャリア独自サービスやキャリア決済、LINEの年齢に認証などはできなくなるため注意しましょう。

またMVNOはキャリアの回線を“一部”を借り受けているため、キャリアと全く同じ通信速度が出るわけではありません。

しかしYouTube動画をHD画質で見る程度であれば、困ることはないでしょう。

Accell Mobileの特徴

Accell MobileのMVNOサービスの特徴を紹介していきます。代理店契約を検討している方にとって、「どれだけユーザーに契約してもらえそうか」を判断する重要なポイントです。

パケット繰越機能

スクリーンショット が含まれている画像自動的に生成された説明

パケット繰越機能は当月に使い切らなかったパケットを翌月に繰り越す機能です。翌月は前月に繰り越したパケットから消費していきます。

多くの方は毎月の通信量にムラがあるはずです。

たとえば5GBで契約している方でも、忙しい月は4GBしか使わないけど、暇な月は動画を観てデータ通信を沢山することがあります。

そんな方でも通信量を無駄にせずに翌月に繰り越せるのは大きなメリットです。

ただし翌月に繰り越したパケットを使い切らなかった場合にはパケットが無効になります。繰り越せるのは1ヶ月までです。

初速バースト機能

スクリーンショット が含まれている画像自動的に生成された説明

初速バースト機能は読み込み開始直後に速度制限よりも速い速度での通信を可能にする機能です。通信制限がかかってしまうと、まともにデータ通信ができなくなることは少なくありません。外出先でちょっとした調べ物をする際に使えないと大変不便です。

しかし初速バースト機能があれば、テキストメインのWebサイトなら、通常の高速通信時に近い時間での表示が期待できます。動画を観るとったことはできませんが、外出先で電車を調べたりする程度なら時間がかからずに可能です。

高速通信ON・OFF

スクリーンショット が含まれている画像自動的に生成された説明

高速通信ON・OFF機能は高速通信と低速通信を任意で交互に切り替えられる機能です。普段の急がない場面では高速通信をOFFにしておき、急ぐ場面でONに切り替えるようにすれば、速度制限にかかって、本当に必要な時にスマホが使えないという事態を防げます。

追加チャージ機能

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

速度制限中でもデータ容量を追加購入することで通常速度で利用できます。

たとえば速度制限がかかってしまったものの、外出先でスマホを利用する機会が多く、通信制限がかかったままだと不便だというような場合に便利です。

なお追加チャージしたデータ容量もパケット繰越の対象のため無駄がありません。

パケットシェア機能

パケットシェア機能は各契約データ容量のシェアができる機能です。たとえば旦那さんと奥さんが2人で契約したとして、旦那さんのデータ通信量が多い場合に奥さんのデータ通信量を旦那さんに分けることができます。

個人が使用する場合には問題になることはほとんどありません。

しかしインターネットは不特定多数を相手に情報共有を行うためデータの傍受・改竄・サイバーテロなどのセキュリティー面でのリスクがあります。

そこでインターネットからは直接アクセスを受けないクローズドなネットワーク接続を可能にするのが閉域サービスです。セキュリティーを重視する法人様が主な対象となっています。

プレフィックス型通話機能

スクリーンショットの画面自動的に生成された説明

プレフィックス型通話機能とは通話発信時に通話相手の電話番号の前に特定の番号(プレフィックス番号)を付け足して発信することで電話料金が安くなるサービスです。

国内・国際電話の両方で利用できるほか、従量(通話した分だけ30秒ごとに加算)もしくは定額(10分もしくは5分んまでの通話)から選択できます。

なお着信側はアプリ(プレフィックスサービス)の利用は必要はなく、IP電話とは異なり音質はクリアで高品質です。

Accell Mobileのまとめ

総務省がMVNOを推奨していると説明しましたが、この他にもMVNOを促進する要員として5Gがあります。

5G(第5世代移動通信システム)は新しい4G・LTEに続く新しい通信システムです。現在5Gの導入が進められており、5Gが普及すれば通信速度は現在の5倍以上になると言われています。

これまでMVNOは大手キャリアと比較して通信速度が遅い傾向がありました。

しかし5Gが普及すれば、YouTubeで4K動画を観るといった、データ通信量の多い利用を行っても、通信が遅いと感じることはなくなります。

より多くの方がMVNOへの乗り換えを検討するでしょう。

今のうちからMVNOの代理店をはじめ、代理店としてのポジションを築くことで、先行者利益を得ることができます。

現在は縁故期間限定で、期間中に契約した代理店契約者は報酬面で優遇される特別特典を提供しています。

セミナーも積極的に開催中です。

  • 8月21日(金)沖縄セミナー
    19時00分〜21時00分
    ※ZOOM生配信
  • 8月27日(木)札幌セミナー
    19時00分〜21時00分
    ※ZOOM生配信
  • 8月28日(金)東京セミナー
    19時00分〜21時00分
    ※ZOOM生配信
  • 8月30日(日)名古屋セミナー
    14時00分〜16時00分
    ※ZOOM生配信
  • 8月31日(月)大阪セミナー
    19時00分〜21時00分
    ※ZOOM生配信
  • 9月1日(火)福岡セミナー
    19時00分〜21時00分
    ※ZOOM生配信

気になる方は早めにご相談ください。参加のご相談はこちらから